無駄のないシンプルベーシックなピアノアプリならコレ!『RealPiano』

手軽にピアノ演奏ができるアプリ「RealPiano」。

シンプルに使えるベーシックなピアノアプリです。

ピアノに興味があるけど、いきなり本物を買うのは抵抗があるもの。

そこでおすすめしたいのが「RealPiano」です。

スマホアプリなので、とっても気楽にピアノ演奏にチャレンジできますよ。

無料で使えるシンプルなピアノアプリをGET

様々なピアノアプリがありますが、RealPianoはシンプルでわかりやすい仕様が魅力的。

小難しい操作などは必要ないので、初心者でも簡単にピアノ演奏が楽しめるでしょう。

Sponsor Link

まさにリアルピアノ!自由に演奏してみよう

アプリを起動するとピアノの鍵盤画面になります。

鍵盤をタップして、自由に音を奏でてみましょう。

同時押しや素早いタッチにもしっかり反応してくれます。

録音は左上の赤ボタンから

自分の演奏を録音したい時は、左上にある“Record”の赤いボタンを押してから演奏スタート。

録音を終えたい時も同じボタンを押し、その横のボタンで再生できます。

録音した演奏は新たに録ったデータへと上書きされていくので注意しましょう。

“ShowNotes”でキーボードの音階表示

右上にある“ShowNotes”メニューは、鍵盤に音階を表示する機能です。

Cのボタンはアルファベット表記、Doのボタンはドレミの音階をローマ字で表記してくれます。

特にドレミで表記してくれるのは、ピアノ初心者でもわかりやすくて嬉しいですね。

Sponsor Link

RealPianoを使いこなすためのポイント3つ

より具体的な機能を知って、RealPianoを使いこなしましょう。

シンプルながらも便利なポイントを3つに分けて解説します。

1. 「MusicControl」からお手本曲を聞いてみよう

いくつかのサンプル曲を流せる機能“MusicControl”。

タイトルをタップすると、搭載しているサンプル曲が一覧されます。

数こそ多くありませんが、ちょっとした練習に役立てるなら丁度良いボリュームでしょう。

鍵盤の動きも確認できたらなお良かったですね。

2. 鍵盤幅の調節や全画面表示もできます

画面上部のミニ鍵盤には、左右に−+のボタンがあります。

これをタップすれば、メイン鍵盤の拡大と縮小ができるのです。

縮小するほど表示鍵盤が多くなり、より多くの音を一度に出せます。

さらにミニ鍵盤のサイドにある三角のボタンを押せば、上部のメニューを隠してメイン鍵盤の表示を引き延ばし可能。

使いやすいデザインで弾いてみてくださいね。

3. フルート、オルガン、ギターの音も楽しめる

ピアノの音以外に、フルート、オルガン、ギターの音を搭載するRealPiano。

音が変わると同じ楽曲でも雰囲気が異なって面白いですよ。

録音機能と合わせて使い、音ごとの違いを比較してみるのも良いでしょう。

ピアノ音に飽きたらぜひお試しあれ。

無駄がなくシンプルに扱いやすいピアノアプリ

RealPianoの良さは、一画面で様々な切り替えや設定が済むシンプルさ

決して多機能ではありませんが、録音や鍵盤調節、サンプル曲再生など必要最低限の機能は備わっています。

機能が多すぎてごちゃついているのは苦手…そんなピアノアプリ初心者でもとっつきやすいはずですよ。

Real Piano

Real Piano
開発元:Bilkon
無料
posted withアプリーチ

Sponsor Link