読めない漢字で焦っているあなたにイチオシ!「読めないと恥ずかしい漢字」

大人になっても必要な、漢字を読む力。

漢字学習アプリ「読めないと恥ずかしい漢字」を使って、読む能力を高めましょう。

漢字の読み方がわからない時、PCやスマホの検索に頼ってしまいがち。

そんなあなたに「読めないと恥ずかしい漢字」というアプリをおすすめします。

このアプリで読む力をつけて、目指せ読めない漢字ゼロ!

自信を持って漢字が読めるようになるアプリ

声に出して文章を読む時、読めない漢字があると焦りますよね。

このアプリを使って読めない漢字が減れば、自分への自信にもつながるでしょう。

早速アプリの基本的な使い方や、有意義に活用するポイントを紹介します。

Sponsor Link

「やさしい」or「ふつう」の難易度でスタート

トップ画面に表示される「やさしい」か「ふつう」を選んで読み学習を始めましょう。

トップ画面はSEのみですが、問題を開始するとBGMが流れます。

音は「設定」からOFFにもできますよ。

制限時間内に読みを回答しよう

問題となる漢字部分には下線が引かれるので、その部分の読み方のみを入力します。

線が引かれていない漢字の読みも入力してしまうと不正解です。

上部のバーが徐々に減っていきますが、これが残り時間。

バーがなくなるまでに入力し、決定を押して回答しましょう。

金のトロフィーを目指して勉強!

最後に自分の結果と、一般正解率が確認できます。

100点だと問題選択画面に金のトロフィーが表示されるように。

最終画面からリトライ、次の問題へもすぐにアクセスできるので、繰り返し勉強して読み方を身に付けたいですね。

Sponsor Link

読めないと恥ずかしい漢字を使いこなすためのポイント3つ

ただ読み方を勉強するだけがこのアプリの魅力ではありません。

有意義に使いこなすためのポイントを知り、漢字学習に役立ててください。

1. 回答時間を調節して自分のペースで学習

設定メニューにある「制限時間」をタップすると、回答の制限時間を変更できます。

超速、速い、普通、ゆっくり、無制限の5種類があり、初期時は普通設定。

自分を追い込んでがっつり学習したい人は速めに。

空いた時間にコツコツと学びたい人は遅めに。

ユーザーのペースに合わせて調整できるのは嬉しいですね。

2. 意味を知りたい時は1タップでweb検索

読み方だけでなく、漢字や熟語の意味もセットで学びたいもの。

回答後に出現する「意味を調べる」をタップすれば、そのワードがweb検索されます。

思ったその時に調べられるので、どの漢字を検索するんだっけ…という失敗予防にも。

調べるボタンは正解・不正解に関わらず表示されるのもポイントです。

3. 良い成績はTwitterで自慢しよう

10問回答し終わったら、結果画面にtweetボタンが表示されます。

タップするだけで連動しているTwitterアカウントに結果を投稿するシステムです。

テストの結果によって入力されるメッセージが微妙に違いますよ。

良い成績が残せたら、積極的にTwitterで自慢しちゃいましょう!

読みに特化したお手軽漢字学習アプリ

漢字を書く機会は少なくなっていますが、読む機会は大人になってもたくさんあります。

だからこそ、読めないと恥ずかしい漢字は1つでも減らしておきたいですね。

このアプリを使えば手軽に読み学習が始められるので、隙間時間を利用して読む力をアップさせましょう。

読めないと恥ずかしい漢字

読めないと恥ずかしい漢字
開発元:Makoto Komatsu
無料
posted withアプリーチ

Sponsor Link