シフト管理アプリ比較!「シフトボード」「シフト給与計算カレンダー」「シフト手帳pro」

バイトやパートのシフト管理に役立つアプリが集結!

スケジュールや給与の把握にも貢献する3つのアプリを比べました。

アプリで簡単にバイトのシフト管理ができると便利ですね。

今回はGooglePlayにて「シフト 管理」と検索し、上位にヒットした3アプリを比較していきます。

シフトボード」、「シフト給与計算カレンダー」、「シフト手帳pro」の機能や特徴をチェック!

Sponsor Link

主なシフト管理機能を比較

どうやって登録するか、一目でわかるかなど、シフト管理に関わる機能を比べていきます。

アプリのメインとなる重要項目と言えるでしょう。

シフト登録の仕組みは3アプリで微妙に異なる

勤務先と時間をあらかじめ設定しておき、予定を入れる時は設定した項目から選んで登録する。

この手順は3アプリともほとんど同じです。

ただ、シフトボードは勤務先と時間をセットで登録、シフト給与計算カレンダーとシフト手帳proは、勤務先とシフト内容を別々に登録します。

さらにシフト給与計算カレンダーは勤務先と時間の組み合わせが自由に行え、シフト手帳proはシフト先ごとに時間を登録・組み合わせができる仕様。

シフトボードには履歴から登録できる機能があるので、働く時間や場所が固定されている人には十分でしょう。

シフト名で把握できるシフト手帳pro

登録した予定を確認する時、3つのアプリとも基本は色によるマークが目印となります。

シフト手帳proの場合はシフト名で表示されるので、よりわかりやすい仕様だと感じました。

ただし、1日に複数入れた場合は色のマークに簡易化されます。

タイムライン形式で一覧できるシフトボード

カレンダー以外の表示形式を搭載するのがシフトボードです。

左上の切り替えボタンを押すと、1日ごとのタイムライン形式にてチェックできます。

この表示だと勤務時間やシフト名も確認できてわかりやすいですね。

今月はいくら?給与計算機能を比較

シフト管理ができるだけでなく、給与計算にまつわる機能も備わっています。

3つのアプリでどのように給与の管理ができるのか見ていきましょう。

どのアプリも年・月別、勤務先別に給与計算が可能

3アプリで共通なのは、年月ごとに給与計算ができ、勤務先別に内訳を確認可能なこと。

アルバイトなど勤務時間がそのまま給与へ反影される形態だと、細かく計算できる機能があるのは嬉しいですね。

目標値の設定や給与の種別内訳などアプリごとに違いも

シフトボードには、給与の目標値を設定できる機能があります。

いずれも月間・年間でチェックでき、達成状況は円グラフで表示。

働く意欲にも繋がる面白い工夫です。

シフト給与計算カレンダーとシフト手帳proは、残業手当や交通費など給与の種目別に内訳を表示してくれます。

各種手当に間違いがないか、自分の目で確認できると安心でしょう。

Sponsor Link

各アプリの魅力ポイントを紹介

それぞれのシフト管理アプリにはどのような魅力があるか、売りとなる機能などを中心に紹介します。

これだ!と思う機能がないかチェックしてくださいね。

【シフトボード】保険料の計算やAirシフトとの連携で高い利便性を実現

リクルートが提供するシフトボードには、「Airシフト」という機能が備わっています。

バイト先がAirシフト提携店であれば使え、確定したシフト情報などが自動でアプリに反影される機能です。

シフトの調整など、バイト先との連絡もアプリ内で可能に。

さらに給与計算のメニューからは、保険料や税金に関するサポート機能も搭載されています。

扶養内で働きたい人にも安心のシフト管理アプリなのです。

【シフト給与計算カレンダー】組み合わせるだけで掛け持ちバイトも楽々管理

勤務先とシフト内容を組み合わせて登録するタイプの、シフト給与計算カレンダー。

あらかじめ設定しておけば、選ぶだけでスケジュールを入れることができます。

掛け持ちなど複数のバイトに励んでいる人、働く時間帯がバラバラという場合にも役立つでしょう。

設定メニューからは通知やカラーデザインの変更ができるなど、あると嬉しい機能も備わっています。

【シフト手帳pro】簡単にシフト管理が可能!共有機能も備わっている

シフト手帳proも、勤務先とシフト内容を選んで組み合わせる便利な登録機能を搭載。

勤務先ごとにシフト内容を保存するので、職場は1つでも勤務時間が複数あるケースに対応しやすいでしょう。

カレンダーからシフト名で把握できるのも便利。

シフト状況をそのままメールに添付して送信できる機能もあります。

これを活用すれば、バイト仲間や家族間での情報共有がスムーズになりますね。

3つのシフト管理アプリはこんなあなたにおすすめ

実際に3つのシフト管理アプリを使ってみて、それぞれどんなユーザーにおすすめなのかを独自にまとめました。

自分に合ったアプリを選んで、仕事の充実化に繋げてください。

【シフトボード】機能のバランスが良く学生から主婦まで幅広くおすすめ

シフト管理のしやすさ、給与計算にまつわる豊富な機能、Airシフトなど利便性の高さが際立ったのがシフトボードです。

欲しい機能がバランス良く備わっており、Airシフトも加わることでお役立ち度が急上昇。

バイトを始めたばかりの学生や扶養内で働きたい主婦など、幅広い方に使ってもらえる仕様でした。

面倒な点をあげるとすれば、他2アプリがそのまま使えるのに対して、シフトボードはアカウント取得が必要です。

Airシフトの兼ね合いもあるためと思いますが、Facebookのアカウントを利用するか、新規登録を行う一手間が必須となります。

【シフト給与計算カレンダー】シンプルが一番な方に!掛け持ちでの登録にも

組み合わせて登録する楽チン仕様が魅力のシフト給与計算カレンダー。

先述の通り、勤務先や勤務時間が複数ある人に重宝する機能と言えます。

給与は種目別に内訳を把握できるので、掛け持ちでも簡単に給与管理が可能。

ただシンプルにシフト管理を行いたいユーザーにとっても、余計な機能がなくて使いやすいアプリとなるでしょう。

これがすごい!という目玉があるとは言えませんが、ごちゃついているアプリが苦手という人ならおすすめできます。

【シフト手帳pro】複数時間の管理やシフト状況を共有したいならコレ

シフト給与計算カレンダーと同じく、組み合わせ次第で様々なシフト内容に対応できるシフト手帳pro。

シフト時間が複数ある方に向いているほか、シフト状況を共有したい人がいるユーザーにもイチオシとなります。

学生なら親に帰宅時間を知らせる目安に。

バイト仲間と共有すれば、シフトの調整なども効率化できそうです。

勤務先設定時に名称入力欄が消えるなどの不具合があったのが難点。

まずは自分のスマホで試してみて、相性を確認するのが良いでしょう。

3アプリの特徴まとめ

「シフトボード」

・ 勤務先とシフト内容をセットで登録

・ 給与の目標値設定や保険、税金に関する機能も

・ Airシフト提携店ならシフト自動反映も可

シフトボード:バイトの給料計算とシフト管理

シフトボード:バイトの給料計算とシフト管理
開発元:Recruit Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

「シフト給与計算カレンダー」

・ 勤務先とシフト内容を自由に組み合わせて登録

・ 各種手当の内訳も給与計算で把握できる

・ アラームやカラー変更などで好みにカスタム

シフト給料計算カレンダー:アルバイトスケジュール管理アプリ

シフト給料計算カレンダー:アルバイトスケジュール管理アプリ
開発元:ProsTech&Jollystics
無料
posted withアプリーチ

「シフト手帳pro」

・ 勤務先に応じてシフト内容を登録し、組み合わせが可能

・ 給与計算メニューから手当等の内訳チェック

・ 登録済みのシフトをメールで共有できる

シフト手帳 Pro : シフト給料計算とシフト管理のアプリ

シフト手帳 Pro : シフト給料計算とシフト管理のアプリ
開発元:Funeasy Soft, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Sponsor Link