人気ランチャーアプリ比較!『Nova Launcher』『Apex Launcher』『Microsoft Launcher』

便利なランチャーアプリがあると、スマホの使いやすさが格段にアップします。

今回はスマホユーザーに人気がある3つのランチャーアプリを比較しました。

ホーム画面やドロワー画面のカスタマイズに必要不可欠なランチャーアプリ。

非常に多くのランチャーアプリが出回っていて、どれを選ぶべきか悩む人も多いでしょう。

市場で特に人気を集めている3つのランチャーアプリを比べるので、選択肢に入れてみてください。

Google playで“ランチャー”と検索して上位にヒットした「Nova Launcher」、「Apex Launcher」、「Microsoft Launcher」を徹底比較!

Sponsor Link

ホーム画面&ドロワー画面のデザインを比較

使いやすいランチャーアプリの指標ともなる、ホームとドロワーのデザイン。

各アプリのデフォルトのデザインを比べてみました。

どれもグリッドに沿って規則正しく並ぶホーム画面

まずはホーム画面の比較です。

アプリやフォルダのアイコンは、いずれのランチャーも設定したグリッドに沿って配置されるタイプです。

もっとも使い慣れたシンプルな並び方だと思うので、戸惑うユーザーはいないでしょう。

グリッドの数値はどのランチャーも調整できます。

ドックも画面下に表示される定番のデザイン。

ここに表示されるアプリの数なども全てのランチャーでカスタム可能です。

ドロワーの見た目が大きく変わるのは2つのアプリ

インストールしているアプリが一覧されるドロワー画面、画像はいずれも縦スクロールです。

ここの配置の見た目を大きく変えられたのは、Nova LauncherとMicrosoft Launcherでした。

Nova Launcherは縦か横のスクロールタイプのドロワーが用意され、こちらは操作が変わるだけで見た目の大きな変化はありません。

アルファベット順を選ぶと頭文字順に縦に一覧され、視認性が全く違ってきます。

Microsoft Launcherも縦横スクロールの2種類か、アルファベット順のドロワー表示を用意。

縦の場合は右側の五十音に沿って並び、アルファベット順だとアプリが頭文字ごとにリスト化されます。

アルファベット順とインストール順、使用頻度でドロワー内のアプリを並び替えられるApex Launcherですが、いずれも縦スクロールでレイアウト自体は共通しています。

横スクロールは選べません。

設定で変えられる機能の数や内容で比較

自分好みに細かくカスタマイズしたい人も多いでしょうから、ランチャーアプリが持っている設定機能の数や内容は重要なファクターです。

3アプリに備わっている設定機能を比べていきます。

基本機能の充実さはどうか

ランチャーアプリの基本的な設定機能といえば、ホーム、ドック、ドロワーのレイアウト変更機能でしょう。

まずはこれらの内容を独自に比べてみました。

どのランチャーもホームとドロワーのグリッド数は最大12×12にまで対応していますが、最小数はNova Launcher が2×2、Microsoft Launcherが4×4、Apex Launcherが3×3と異なる結果に。

ただしMicrosoft Launcherはホームとドロワー画面で個別の変更ができず、ホームのグリッドをドロワーにも適用する形になります。

カレンダーなど大きなウィジェットのリサイズはどのアプリでも簡単にできましたが、アイコンのサイズ変更はNova Launcherのみ有料版の機能です。

ドックに置けるアイコンの数は、Nova Launcherが 1〜7、Apex Launcherが1〜10、Microsoft Launcherが5〜7と、こちらも開きがありますね。

基本以外の機能は充実しているか

上述した基本機能以外の項目も比べてみましょう。

共通しているのがページめくりやアプリ起動時などのアニメーション、ジェスチャー操作、フォルダのレイアウトや設定の変更などです。

ただし有料版が用意されているNova LauncherとApex Launcherは制限されている機能もありました。

Microsoft Launcherは、他の2アプリでは有料機能となる2本指でのジェスチャー操作なども無料で利用できます。

Nova Launcherにはナイトモードに対応する独自機能があり、ナイトモード起動中は設定した画面が暗くなる個別の設定が行えました。

Sponsor Link

3アプリの特徴やおすすめポイントを個別に解説

それぞれのアプリの特徴や魅力となる部分を中心に、おすすめ要素を紹介していきます。

ここを参考にあなたのニーズと合致するアプリを選んでください。

【Nova Launcher】満遍なく詳細な機能が揃っているランチャーアプリ

グリッド数の柔軟さやナイトモード、ドロワー画面のレイアウト変更などで融通が効くNova Launcher。

ドックのデザイン、ドロワー背景やアプリラベルの色が豊富など細かい点のカスタム要素がきちんと用意されています。

簡単かつ直感的な操作で好みのカスタマイズが楽しめました。

こだわりを持って細かい点までカスタマイズしていきたい、そんなユーザーのニーズを満たすアプリとなっています。

【Apex Launcher】カスタマイズしやすさと無料着せ替えの探しやすさが◎

Apex Launcherは、各画面のレイアウト変更設定のほとんどで、変更後の画面を確認しながら調整できます。

他の2アプリよりも所々にある機能ですが、ホーム、ドロワー、ドックのいずれもしっかり準備されていたのはApex Launcherでした。

着せ替えアプリへの誘導がわかりやすいのも利点で、無料のものが多かったです。

着せ替えアプリを利用すると、ランチャー初心者でもおしゃれなデザインが手軽に楽しめます。

さらにアプリラベルのアイコンを変えることで、ビジュアル面の個性を追求。

見た目もカスタマイズのしやすさも充実していると感じました。

【Microsoft Launcher】Microsoftサービスとの連携やフィード画面が便利

フィードという独自機能を搭載するMicrosoft Launcher、ここによく使う機能をまとめておけ、ニュースなどもいち早くチェックできます。

よく使うアプリを一覧できたり、特定の連絡先を個別に表示しておける便利なページです。

WordやExcelなどのMicrosoftツールを1つのフォルダに集約しているのも、ビジネスユーザーにとっては嬉しいポイント。

1タップでの壁紙チェンジ、ブースターが備わっている点も、他2つのランチャーアプリにはない機能でした。

3つのランチャーアプリはこんなあなたにおすすめ

各ランチャーアプリがどんなユーザーにおすすめなのか、独自の視点で総括していきます。

初めてランチャーアプリを使う人も、乗り換えを検討している人も、選択の目安にしてください。

【Nova Launcher】個性は少ないが基本機能が追求された王道系

スタンダードながらも、1つ1つ細かい設定まで用意されているNova Launcher。

自分の手で丁寧にカスタマイズができる点は、スマホのUIにこだわりたいユーザーにとって嬉しい仕様です。

癖のある機能や無駄なものがない、シンプルで王道的なランチャーアプリとなっています。

裏を返せば、他の2アプリと比べた時に飛び抜けて個性的、ここが売りだと思える部分も少ないと感じてしまいました。

特にNova Launcherでは有料の機能が他のアプリでは無料で使える点は、比較するとどうしても損をした気分に。

色々な設定があるよりは、基本的な機能の使いやすさを重視したい。

そう感じるユーザー向けでしょう。

【Apex Launcher】オリジナルの見た目にこだわりたい人におすすめ

カスタマイズ画面の使いやすさ、無料着せ替えが多くわかりやすいなど、見た目に関わるポイントが優れていたApex Launcher。

フォント替えも合わせれば、かなりオリジナリティーの高いUIが完成しそうです。

ランチャーアプリに慣れていない人でもデザイン変更の幅が広がり、スマホ画面を開くのが楽しみになります。

グリッド数やドックへの設置数なども程よく、色々なレイアウトに対応してくれるでしょう。

見た目の独自性を求めるユーザーに使ってもらいたいランチャーアプリです。

【Microsoft Launcher】Microsoftツールを多用するビジネスユーザーに

Microsoftのサービスを頻繁に利用する方なら、Microsoft Launcherが筆頭候補にあがります。

MicrosoftやOffice365のアカウントでサインインしてから使うので、関連ツール内のデータを他デバイスと共有する時なども便利です。

スマホを活用して仕事の効率化を図りたい、そんな人の力になってくれるアプリでしょう。

便利機能をまとめておけるフィードで個性もプラスし、ニュースへのアクセスも簡単。

他の2アプリでは有料となるジェスチャー操作が無料で使える点も大きいですね。

難点をあげるとすれば、ドロワーのアイコンサイズがホームのアイコンサイズに合わせてしか変えられないなど、細かい点でカスタマイズの自由度が低いところでしょう。

端末ごとの相性もあると思いますが、起動時にカクッとする動きの鈍さも気になりました。

3つのランチャーアプリの特徴まとめ

『Nova Launcher』

・ 基本的なカスタマイズ機能が細かい

・ ドックやドロワーの背景カラーも変更可能

・ 有料版でないと使えない機能も多い

Nova Launcher ホーム

Nova Launcher ホーム
開発元:TeslaCoil Software
posted withアプリーチ

『Apex Launcher』

・ カスタマイズ画面が見やすく使いやすい

・ 無料着せ替えも充実

・ ラベルのフォントも変えられ見た目の個性が出せる

Apexランチャー - カスタマイズ、テーマ、セキュリティ保護、効率的

Apexランチャー – カスタマイズ、テーマ、セキュリティ保護、効率的
開発元:Android Does Team
posted withアプリーチ

『Microsoft Launcher』

・ 独自機能「フィード」で利便性向上

・ Microsoftアプリとの連携がスムーズ

・ 無料で使える機能が充実

Microsoft Launcher

Microsoft Launcher
開発元:Microsoft Corporation
posted withアプリーチ

Sponsor Link