続かない育児日記とはおさらば!超簡単に記録がつけられるアプリ「育ログ」

もっと簡単で手軽に使える育児日記アプリはないの?

そう思っているあなたにおすすめなのが「育ログ」というアプリです。

いざ育児日記をつけ始めても、なかなか続かない、操作が多くて面倒……こんなパターンに陥る人も結構いるのでは。

育ログ」ならそんな心配は無用!

簡単な操作だけで育児日記がみるみるつけられるアプリなのです。

選んでペタッとするだけで成長記録を残していけるアプリ

育ログの魅力はその操作方法にあります。

スマホならではの操作を使って、育児日記を超手軽に続けられるよう工夫がなされているのです。

どんな方法で使えるのか、具体的な内容を今すぐチェック!

Sponsor Link

子供の情報を入力して利用規約を確認しよう

アプリを起動すると、子供に関する情報を入力するところからスタート。

画像のみ任意で、名前、生年月日、性別のすべての入力が必須となります。

利用規約を読んだら同意にチェックをして利用を始めましょう。

シールを貼る要領で簡単登録

ホーム画面から育児記録をつけてみましょう。

上部にあるたくさんのアイコンは左右スライドで選択。

登録したいアイコンをドラッグ&ドロップして任意の時間のところに持って来れば、あっという間に記録をつけられますよ。

数分単位の細かい時間はアイコンを置いた後に調節可能です。

様々な成長記録をグラフで管理

「グラフ」のタブからは、授乳、睡眠、体温などのジャンル別に記録した内容をグラフで見ることができます。

一週間ごとに生活リズムが把握でき、些細な体調の変化に気づくキッカケにもなりそう。

グラフのタブ順は設定から並び替えておくことも可能ですよ。

Sponsor Link

簡単なだけじゃない!育ログの優秀な機能を使いこなそう

操作が単純明快な育ログですが、これ以外にも魅力となる機能が備わっています。

それらも全て使いこなすことで、育ログの本当の優秀さがわかるはず。

実際に使った筆者が、便利機能を3つに分けて紹介しましょう。

1. 子供の健康知識をアプリでGETできる

下部メニューから「健康情報」を開いてみましょう。

ここには日本外来小児科学会リーフレット検討会と共同で取り組まれた、子供の健康に関する知識が提供されています。

知りたい情報を開くとそれに関する知識が一覧表示され、矢印ボタンを押すと1つ1つ詳細が閲覧可能。

「とっさのときの処置」の情報を例に出すと、誤飲や溺れた時、頭を打った時の処置などその場で対応できる知識がしっかりと記されていてタメなりますよ。

子供を守る立場なら、知っておいて損はしない情報となっています。

2. アプリで記録した内容を確認して受診準備を万端に

子供の急な発熱や体調不良で病院を受診することは、小さい年齢の時ほど頻繁にあります。

受診前の様子などを聞かれることもありますが、バタバタと急いで出てきた時は咄嗟に詳細が出ないこともあるでしょう。

そんな時も、このアプリを見て深呼吸。

受診準備」をタップすれば、記録してきた体温や排泄、投薬などの状況を日時とともに一覧してくれるのです。

正確な情報伝達、スムーズな受診をサポートしてくれる、頼もしい機能と言えるでしょう。

そのままメールで送信できるのも◎。

3. カレンダーから日記や病気の一覧をチェック

カレンダー」タブからは、カレンダー形式で記録した情報のチェック、登録が行えます。

中でも注目なのが、日記やかかった病気が一覧で見られる機能。

病気は年月の真下にあるボタンから、日記はカレンダーの右端にある縦長のバーをタップで呼び出せますよ。

日付順にシンプルに一覧されるので、その月にどんな出来事があったのかが丸分かりに。

抗体のできる病気に関しては、発症したことを記録に残しておくと後から確認したい時にも役立ちます。

ホントに簡単!誰でも今すぐに育児記録をつけられるアプリ

実際に使ってみて感じたのは、育児の記録をつけるのが本当に簡単だということ。

ペタッとシールを貼る感覚で手軽に記録していけるので、三日坊主になりやすいという方にも向いていると思います。

実際の健康管理に役立つ機能も多く、すぐに日常生活に取り入れられますよ。

日記と並行して育児記録をつけていけば、子供の健やかな成長に貢献してくれるでしょう。

かんたん育児記録: 育ログ WM

かんたん育児記録: 育ログ WM
開発元:docomo Healthcare Inc
無料
posted withアプリーチ

Sponsor Link