ペット管理アプリ比較!「ペットログ」、「ペットケア日記」、「11Pets:Pet care」

動物好きな人全員集合!

ペットがいるあなたにとって必見のペット管理アプリを比較してみました。

たくさんの癒しを与えてくれる、かわいいペットたち。

ペットのお世話をスムーズにさせ健康をキープするために、便利なペット管理アプリを使ってみませんか?

Google playにて「ペット 管理」で検索し上位にヒットした「ペットログ」、「ペットケア日記」、「11Pets:Pet care」の3アプリを比べていくので、アプリ選びの参考にしてください。

Sponsor Link

どんな管理項目があるのか

ペットのどんな情報を管理できるのかを比較してみましょう。

数だけでなく実用性があるかどうかにも注目します。

ペットケア日記はジャンルごとに細かくカテゴリーを用意

ペットケア日記は毎日のケア、食事、定期治療などの大きな項目にそれぞれいくつかのカテゴリーが用意され、計20以上があります。

定期治療だけ見ても入浴、トリミング、ネイルトリミング、歯の清掃と分けられているので、細かい部分までしっかりと記録しておきたい人に嬉しい要素。

珍しいカテゴリーがあるのは11Pets:Pet care

11Pets:Pet careには20の管理項目が用意されていました。

中には臨床試験、遺伝子検査、手術といった、頻繁にはあまり使わないな……というカテゴリーも。

使うカテゴリー、使わないカテゴリーがハッキリ出てきそうですが、少ないよりは多い方が良いという方なら問題ないでしょう。

管理カテゴリーが最もシンプルなのはペットログ

ペットログにて管理が可能となっているカテゴリーは、ご飯、写真、体重と体長、排泄、シャンプー、予防接種、薬の7種類です。

3アプリの中では用意されているカテゴリーが最も少なく、本当に実用度のあるものだけに絞られている印象。

良く言えばシンプルに作られているので、たくさんあってもこれしか使わないというユーザーにはむしろ適していると言えるでしょう。

多彩なペットの管理に対応しているか、管理はしやすいか

日本では犬と猫のペット二大巨塔がおりますが、げっ歯類や爬虫類、猛禽類など多彩なペットがいるご家庭もあるでしょう。

3アプリがどんなペットの管理にも適しているかを比べてみます。

予定の表示など管理のしやすさも合わせてチェック!

ペットのカテゴリーが豊富なのはペットログ

あらかじめ用意されている、登録できるペットのカテゴリー。

これが一番多いのはペットログでした。

その他を除いて20種類用意されており、馬や牛などもあります。

ペットケア日記は文字で用意されているカテゴリーは少ないのですが、その他を選んだ時に色々な動物のアイコンが出てきした。

11Pets:Pet careは犬、猫、ウサギ以外はその他のカテゴリーへの登録となります。

ただし登録した動物により管理機能が異なるといった要素はいずれのアプリもないので、管理のしやすさに大きく響くポイントではありません。

予定の表示形式はカレンダーやタイムライン、アイコンなど様々

登録した予定が見やすいか、把握しやすいかも重要ポイント。

ペットログはカレンダー形式、ペットケア日記はタイムライン、11Pets:Pet Careはタイムラインとアイコンで確認できます。

パッと見で直感的に把握しやすいのはカレンダー表示のペットログでしょう。

ペットケア日記はペットごとの予定をタイムラインで確認でき、チェックボックスをタップで完了させられます。

11Petsはホーム画面からリマインダーアイコンで、スケジュールからはタイムラインでと2通りの表示で確認できて便利です。

Sponsor Link

各アプリのおすすめポイント

各アプリの売りとなる点、ここが便利だと感じたところを中心に紹介します。

あなたのニーズを満足させてくれるアプリかどうか、判断材料の1つにしてください。

【ペットログ】体重と体長をグラフで管理でき成長度合いの把握に◎

ペットがどれだけ成長しているかを示す、体重と体長。

単に記録をつけていくだけでなく、その変化をグラフで把握できるのがペットログの利点です。

数字の一覧よりも非常にわかりやすいですし、体型の変動を知ることで体調管理において気づけることも出てくるかもしれません。

グラフは体重、体長それぞれ個別に見られますよ。

【ペットケア日記】オリジナルカテゴリーを追加できて便利

最初から豊富な管理カテゴリーが用意されているペットケア日記ですが、さらに追加することも可能。

好きなカテゴリー名で作成できるので、珍しい動物の管理にも対応しやすいかと思います。

その家オリジナルのイベント、お世話も追加できるのは嬉しいですね。

【11Pets:Pet care】消耗品を細かくチェックできるのは11petsだけ

ペットフードやペットシーツなどの買い忘れ、誰しも経験することでしょう。

11Pets:Pet careには消耗品を管理ができる機能があり、用品ごとの残量や使用量を把握しておけるのです。

購入量と定期的な消費量を設定しておけば、スケジュールを完了させた時に自動で差し引かれていきますよ。

買い物の目安にもできる優秀な機能なのです。

3つのペット管理アプリはこんなあなたにおすすめ

最後に3アプリはそれぞれどんなユーザーにおすすめかを独自に解説していきます。

どんなペットを飼っているかもアプリを決めるポイントになるので、ぜひ参考にしてくださいね。

【ペットログ】シンプル設計のアプリは身近な動物の管理におすすめ

最もシンプルな機能設定だった「ペットログ」は、ペットショップで頻繁に見るような身近な動物の管理に適しているのではと感じました。

カテゴリーが7種類なので、その範囲で管理や記録がしていける、特別なお世話が不要なペットが良いでしょう。

反面せっかく登録できるペットの種類が豊富なので、レアなペットにも対応できるようなカテゴリーがあったらいいのになと感じました。

アプリ自体には不具合等もなく、ごちゃごちゃしていなくて使いやすいです。

アプリでの管理が初めてという方にもおすすめできます。

【ペットケア日記】種類を問わず多彩なペットの管理に対応できそう

見やすさと使いやすさにおいて、全体のバランスが良いなと感じたのは「ペットケア日記」。

特に自分の好きなカテゴリーを追加できるのは高ポイントで、ペットの種類に合わせた管理体制を整えることができるでしょう。

リマインダーのスケジュールを登録しておくとお知らせしてくれるなど、大切な予定の管理にもバッチリ対応。

複数のペット管理も、アイコンを左右スワイプするだけで切り替えができてとっても便利ですよ。

【11Pets:Pet care】多機能なのでアプリ自体に使い慣れている人向け

珍しい管理カテゴリーがあったり、消耗品の管理まで徹底して行える「11Pets:Pet care」。

機能が多彩なアプリなので、それ自体をしっかり使いこなせるユーザー向けです。

スマホアプリの操作には慣れている、今使っている管理アプリより多機能なものが良い。

そんなあなたなら一度使ってみる価値があると思いますよ。

管理カテゴリーが豊富ですから、幅広いペットに対応可能でしょう。

ホーム画面のカテゴリーもペットごとにカスタマイズできてgood。

細かい部分までペットの記録、管理を行っていきたい人にも頼もしい機能性ですね。

3アプリの特徴まとめ

『ペットログ』

・ シンプルな機能性でアプリに使い慣れていない人も安心

・ 管理カテゴリーは必要最低限

・ グラフで体重、体長の把握が可能

ペットログ[ペット飼育記録]

ペットログ[ペット飼育記録]
開発元:ひろん
posted withアプリーチ

『ペットケア日記』

・ 管理カテゴリーをオリジナルで作成可能

・多彩なペットの管理におすすめ

・ リマインダーなどの便利機能もバランスよく搭載

ペットケア日記

ペットケア日記
開発元:Whisper Arts
posted withアプリーチ

『11Pets:Pet care』

・ ペットの消耗品管理が細かく可能

・ 管理カテゴリーが豊富で珍しい項目も用意

・多機能で細かい操作も必要なので使いこなせる人向け

11Pets: Pet care

11Pets: Pet care
開発元:11Pets
posted withアプリーチ

Sponsor Link