高精度のOCR搭載!無料で使えるスキャナーアプリ「Adobe Scan」

世界のアドビシステムズからリリースされている「Adobe Scan」。

大手製なだけあって、スキャナーアプリ未体験の方にもおすすめですよ。

スマホに入れておくと便利なものの1つがスキャナーアプリです。

大手企業であるAdobeからも、「Adobe Scan(アドビスキャン)」として提供されています。

Adobe製の高機能なスキャナーアプリ

紙の文書をアプリでスキャンするだけで、データとして活用出来るスキャナーアプリ。

Adobe Scanを使って、高い機能性や利便性を味わってみましょう。

仕事や文書管理が快適になるはずですよ。

Sponsor Link

FacebookかGoogleのアカウントを利用可能

インストール後起動したら、アカウント登録を行います。

FacebookGoogleのアカウントが使えるので、持っている人は各ボタンをタップすればOK。

それ以外ではAdobe IDの使用、または新規取得にて利用開始できます。

読み取りたい文書にカメラを向ければ自動認識

ホーム画面の+アイコン→カメラからスキャンを選べば外側のスマホカメラが起動します。

読み取りたい文書にカメラを向け、文字が認識できる距離や角度に調整しましょう。

認識可能になれば、アプリが自動で文書の読み取りを開始します。

その間はカメラを動かさず、撮影が完了するまでキープしてください。

真ん中のボタンを押せば手動での撮影もできますよ。

保存して色々な場面で共有しよう

撮影後は“PDFを保存”をタップで保存しておけます。

ファイルはクラウド上に保存されますが、設定から“携帯電話ネットワークの使用を許可”をOFFにしておけばクラウドへの保存を停止することも。

端末内に保存したいときは、同じく設定から“元の画像をギャラリーに保存”をONにしておきましょう。

PDFはメールに添付できるほか、ファイルやリンクとして共有可能です。

Sponsor Link

Adobe Scanを使いたくなる3つの魅力

基本的な使い方がわかったところで、Adobe Scanの魅力がもっとわかるポイント3つを紹介します。

スキャナーアプリを使ったことがないという人も興味が湧く、便利な機能が備わっているのですよ。

保存データからの読み取りは“文書のみを表示”が便利

既に撮影済みの文書画像がある場合、+アイコン→写真からスキャンをタップで選択できます。

最初はすべての写真が表示されますが、“文書のみを表示”をONにするだけで自動的に文書が記載されている画像に絞ってくれるのです。

写真もたくさん撮影するという人でも探しやすい機能となっています。

OCRの読み取り精度が優秀

OCRとは、紙の文字を読み取ってコンピューター上で認識できるようにする機能を指します。

Adobe Scanにも搭載されており、撮影した画像は自動的にOCRにてPDF化されるのです(OCRは設定からON・OFF可能)。

紙の文字を認識する際は、アプリによっては誤字等が発生するケースも。

しかしAdobe Scanの場合は正確にPDFへ反映され、そのままコピペしても誤字や脱字がありませんでした。

Adobe Document Cloudでどこからでもファイルにアクセス

上でも挙げましたが、Adobe ScanでPDF化したデータは基本的にクラウド上へ保存されます。

これはAdobeのクラウドサービス「Adobe Document Cloud」で、Adobe ScanをインストールしていないPCなど別端末からもアクセスが可能です。

ウェブ上でAdobe Document Cloudのページを開いたら、同じアカウントでログインするだけでOK。

“Adobe Scan”のファイル内に保存されています。

社内で共有するときも、クラウド保存ならとっても便利ですよね。

スキャナーアプリの基本を高性能なAdobeで

特に仕事用の文書を読み込む時ほど、OCRの精度が悪いと使い物になりません。

Adobe Scanなら高い精度のOCRが使えるので、スマホアプリという手軽なツールでもかなり役立つ存在になるでしょう。

OCR認識言語が豊富にあるのにも注目。

基本の性能がしっかりしているAdobe Scanを使って、文書整理を楽にしていきたいですね。

Adobe Scan

Adobe Scan
開発元:Adobe
無料
posted withアプリーチ

Sponsor Link