「SmartNews」でどこでもスマートにニュースを閲覧

 世間での出来事や世界情勢などをニュースを通して知る人は多いかと思います。普段はあまり特定の番組を見ないという方も、ニュースだけは定期的にチェックしているのではないでしょうか。テレビだけでなくネット上のニュースサイトなどを利用するという人も多いでしょう。どちらかというと、テレビよりもネットからの情報が多い場合もあるかもしれませんね。また、現在はアプリを利用してニュースの情報を得るというスタイルも常識となっている模様です。


Sponsor Link

 よくニュースをチェックするという人には「SmartNews」というアプリをご紹介したいと思います。ネット上の様々なニュースを素早く閲覧することができ、事前ダウンロード機能によって電波状況が悪い場所でも見ることが可能です。

今回紹介するアプリ
SmartNews

スマートニュース1

起動後すぐに見たいニュースの設定に入る。様々にジャンル分けされており、自分に必要のないものはタップすることでオン・オフの切り替えが可能(チェック入りのものがオン)。設定したら「次へ」をタップ
スマートニュース2

朝・昼・夕ごとにニュース通知の設定が行える。通知時間はそれぞれの時間帯内で15分単位で設定可能。「通知しない」に設定しておくこともできるが、いずれか一つは設定しておかなければならない模様(朝・昼を通知しないにした場合、夕のいずれかの時刻を設定しておく必要がある)。「完了」で設定終了
スマートニュース3
スマートニュース4

閲覧画面は画像を多用した見易い構成。タブごとにジャンル分けされており、左右にスワイプすることで切り替えが可能(ふきだしにて説明もあり)
スマートニュース5

Twitterとの連携も可能。「連携」をタップして認証画面へ。Twitter以外にFacebook、Evernoteとの連携もできる
スマートニュース6

右下の歯車アイコンから設定画面へ。最初に設定したジャンルや通知の設定もここから変更可能
スマートニュース7

 ジャンル指定しておけば自分の見たいニュースのみを閲覧することができ、効率も良いでしょう。事前ダウンロード機能のおかげで、地下鉄など電波の届かない所での暇つぶしにも使えます。ニュースを見る癖がつくだけで、自然と豊富な情報を得ることもできるでしょう。アプリを上手に活用することが、その近道となるかもしれませんね。


Sponsor Link