多機能なロックアプリで状況に応じたセキュリティ強化を「アプリロック」

スマホの中身を他人に見られたくない人、結構多いのでは?

万が一の時におすすめなのが「アプリロック」でのセキュリティ強化です。

電話帳やメモ、スケジュール管理系のアプリは、重要な個人情報が溢れているもの。

もしスマホを落としたり盗難にあっても、各アプリが使えないようロックをかけておくことで情報漏えいを防げます。

様々なユーザーにおすすめできる「アプリロック」で、リスクを最小限におさえてください。

Sponsor Link

多機能なロックシステムであらゆる個人情報をガード

無料とは思えないほどの多機能さが魅力のアプリです。

しっかりと防犯したい、プライバシーを守りたいというあなたなら、インストールしておいて損はないですよ。

基本の使い方やイチオシポイントなどもご紹介します。

スマホにアプリの使用許可を設定しよう

スマホの設定機能から、アプリロックが使用できるようにしておきます。

XperiaXZの場合ですと、設定→ユーザー補助からONにできますよ。

さらに起動時に“安全メール”の設定も促されます。

安全メールはパスワードをリセットするためのコードを送信するときに必要となるので、欠かさず設定しておきましょう。

タップでロックのON・OFF

メイン画面の“プライバシー”タブにて各アプリが表示されるので、タップでロックのON・OFFができます。

アプリ以外にもWifiやBluetooth、着信通話のロックまでかけられますよ。

細かい設定にまでロックが適用できるのは便利ですね。

秘密ゾーンからロック以外の機能も

メイン画面の“秘密ゾーン”からは、シークレットブラウザやSNS管理などのメニューが利用できます。

特にウェブの閲覧履歴は消すのが面倒という人も多いでしょうから、最初からシークレットブラウザを活用するとプライバシー保護の観点からも安心と言えるでしょう。

Sponsor Link

ここが便利!アプリロックのイチオシポイント3つ

アプリロックを使ってみた筆者が、実際に便利だと感じた機能やポイントをピックアップします。

知れば知るほど使ってみたくなる利便性の高い機能が豊富なので、アプリロック未体験の方は要チェックですよ。

シーン・モードから状況に応じた一括ロック&解除可能

アンダーメニューの左端にあるアイコンからは、ロック・アンロックのカスタマイズができる「シーン・モード」機能が使えます。

+アイコンをタップして新規作成。

アプリのロック・アンロックを設定してタイトルをつけたら保存しておきましょう。

その後はシーン・モードメニューからいつでも保存した内容を適用できますよ。

状況に応じてロックしたいアプリが変わるという人におすすめの機能となります。

時間ロックで指定時間に自動ロックor解除も

この時間になったらロックしたいor解除したいアプリがある。

そんなあなたは「時間ロック」の機能が便利ですよ。

アンダーメニューの右から2番目にある時計のアイコンから設定できます。

+アイコンから新規作成を開始し、時間や曜日、ラベルなどを決めましょう。

作動させる内容ですが、シーン・モードで登録したものを選択可能です。

シーン・モード機能とセットで使うことで真価を発揮しそうですね。

画像を個別に隠せる機能が便利

アルバムを全部ロックする必要はないけれど、中には隠しておきたい画像もある。

そういった時には「倉庫」から隠しておきたい写真や動画を選択しておくべし。

+アイコンを押して、ギャラリーからデータを選択するだけでOKなのです。

選んだデータはアルバムからは消えているので、アルバム自体はロックせずに特定の写真・動画のみ隠せる便利な機能となっています。

無料で多機能なロックアプリは実用性抜群

私が使っているXperiaXZでは侵入者撮影機能が正常に作動しなかったほか、パス入力時の挙動が鈍くなりアプリが開いてしまったケースも2度ほど見られました。

それ以外が秀逸なだけに残念ですが、無料で十分な機能がある点は見逃せません。

着信やWifiなどアプリ以外の設定もロック・アンロックできるのは便利。

着せ替え機能も備わっており、好きな画像を解除画面に設定しておくこともできますよ。

シークレットブラウザなど実用性の高い機能も充実しているので、まずは使ってみて自分の端末との相性を確認するのが良いでしょう。

アプリロック AppLock

アプリロック AppLock
開発元:DoMobile Lab
posted withアプリーチ

Sponsor Link