健康維持のための運動習慣をサポートするアプリ「Fit」

健康のための運動を習慣化させたい。

そう思っているあなたにはGoogleの健康管理アプリ「Fit」がおすすめ!

丈夫な体を維持するために、運動を心がけている人は多いかと思います。

これから始めようという方も少なくないでしょう。

そのどちらにもおすすめできる健康管理アプリが「Fit」なのですよ。

Sponsor Link

運動習慣の記録でアクティブな人生を

このアプリはGoogleが提供するもので、様々なアクティビティの記録や管理が可能です。

Fitを使えばウォーキング、ランニング、自転車など身近な運動をまるっと管理できますよ。

健康維持に必要不可欠な運動をアプリでマネジメントして、ヘルシーライフを続けませんか?

Googleアカウントで利用を開始しよう

お持ちのGoogleアカウントを使ってアプリをスタート。

アカウントを持っていれば登録の手間なども一切いらないので、スムーズに始められます。

このアプリを最大限に活用するためには、後述する“アクティビティの検出”をONにしておくのがおすすめです。

活動時と休息時の合計カロリーをチェック

運動して消費したカロリーだけでなく、休息時のカロリーも自動で算出してくれるFit。

体は生きているだけでカロリーを消費しており、その量のことを基礎代謝量と呼びます。

おそらく休息時のカロリーというのは、基礎代謝のことだと予想。

自分の基本的なカロリー消費を知るキッカケにもなるでしょう。

1日の運動を振り返られるタイムライン

ホーム画面の一番下へスクロールすると“タイムラインに移動”と表示があるのでタップしてみましょう。

ここからは1日でどんな運動をどれだけ実践したか、タイムラインで確認が可能です。

週、月単位でも表示できるので、一定期間使用した後で振り返ってみると面白いと思います。

自分がどれだけ頑張ったかの成果が見やすいのは嬉しいですね。

Sponsor Link

Fitを使いこなして健康生活を継続しよう

適度な運動を続けて健康をキープするためにも、Fitを最大限に活用していきましょう。

ここではFitをより便利に使う方法や、健康に役立つ活用術を紹介します。

位置情報と連動した歩数計が便利!ランニングや自転車にも対応

実用性の高い歩数計を搭載するのが強みのFit。

使用にはスマホの位置情報と、アプリ内の設定などから“アクティビティの検出”をONしておくことが条件です。

右下に出ている+アイコン→アクティビティを開始の順に進み、アクティビティタイプを選択して「開始」をタップすれば計測がスタート。

歩数や距離、速度のほか、消費カロリーやルートまで記録してくれる優れものなのですよ。

終了したいときは停止ボタンをタップして、右下にある□を押せば記録を保存。

ルートや消費カロリーの見返しができるので、次回の運動の工夫もしやすいなと思いました。

ウォーキング以外の運動でも計測できる点が◎。

タイムラインから日付ごとにある“グラフの詳細を表示”をタップすると、その日のアクティビティがグラフで一覧表示されます。

表示の単位は時間や消費カロリーなど複数の項目へ切り替えが可能なほか、表示期間も日以外に週、月での表示ができます。

いくつかの運動をする人にとって、各アクティビティの違いがしっかり確認できるのは便利かと思います。

目標を設定してやる気をONに

ただなんとなく運動するよりも、無理のない範囲で目標を決めておくのがおすすめ。

+アイコンから“目標を追加”をタップして、健康維持やダイエットのために必要となる目標を設定しておきましょう。

Fitが用意した3種類の目標以外にも、“独自の目標を作成”から任意のアクティビティや運動量を設定しておけます。

目標は優先的にホーム画面へ表示され、進歩状況も円グラフで瞬時に確認可能。

運動のモチベーション維持のためにも、ぜひ活用してみてください。

Fitで運動管理すれば健康への近道に

Fitは目に見える形で運動の成果を確認できる、便利な手段の1つとなります。

これから始めるという方にとっても、習慣化への後押しとなるはず。

個人的な難点をあげるならば、UIがややわかりにくく、戻るボタンを押しているとアプリが終わってしまうことがしばしばありました。

慣れれば解決するポイントでしょうから、まずは使ってみて使用感を味わってみましょう。

あなたの運動習慣を上質なものにしてくれるアプリと言えますね。

Google Fit - フィットネス管理

Google Fit – フィットネス管理
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Sponsor Link