スマホ解体新書

スマホの基本操作や機能の使い方、アプリのレビュー、キャリア比較などをお届けする「スマホ解体新書」です。

定番の日記アプリを徹底比較(my日記・瞬間日記・日記ライフル)

      2017/07/28

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 71

 思い出保管や日常の記録として重宝する日記アプリ。今回も3つの人気日記アプリを比較してみました。

 毎日書く人、気が向いた時だけ書く人、写真での記録がメインなど、日記のスタイルはスマホアプリによって多様となっています。

そんな日記アプリの内、今回もGoogleplayにて「日記」で検索し、上位にヒットした3アプリを選んでみました。

「my日記」、「瞬間日記」、「日記ライフル/Wrifle無料日記アプリ」(以下「日記ライフル」)の3つを様々な角度から比べていきます。

日記1

Sponsor Link

デザインを比べてみた

【テーマ変更で大きく雰囲気の変わるMy日記】

 日記帳に拘りのある人は少なくないのでは?可愛い柄物、ユニークなキャラクターもの、シックな手帳風など見た目は気になりますよね。

同様にアプリでもデザインに注目してみました。

まずは「My日記」。

カレンダー調になっており、日記を残した日付には曜日ごとに色の違う丸がつけられます。

表示切り替えで一覧画面になると、1日ごとに日記の内容と画像が表示されます。

日記2

 サイドメニューの「テーマショップ」から復刻版デザインが無料DLできます。

昔のMy日記をイメージしたデザインだそう。

黒猫がモダンなアクセントになっていますね。

ただ、今の所テーマのデザインは通常のものとこれしかないようです。

日記3

【スキンの変更ができる瞬間日記】

 次は「瞬間日記」。

こちらもカレンダー、一覧表示の切り替えができます。

カレンダーですが、当方のXperiaZでは2桁の数字が正確に表示されず(泣)。

日記の印が★、タグステッカーをつけていればそれも表示されます。

一覧表示もMy日記と似たような感じですね。

複数画像を添付している場合、画像のみ左右スワイプで確認可能なのが良い。

日記4

 デザインは日記のヘッダ、フッダ部分のデザイン変更、日記全体の背景色の変更ができます。

設定メニューから「スキンを有効にする」にチェックを入れると、ストアからDLしたスキンが適用可能に。

未チェック時には「日記カラー選択」からカラー調整ができます。

背景も同様に自由なカラーをチョイス可能です。

日記5

【最もデザイン選択肢が少ない日記ライフル】

 「日記ライフル」のホーム画面はシンプルに今日の日付と、端末内の画像がスライドで表示されるようになっています。

タイムラインはその下部に表示されるようになっており、タイトルと本文、画像を一緒に確認できます。

画像を添付するとタイトルが白黒反転するのも細かい配慮ですね。

日記6

 デザインの変更に関しては、設定からスライドショーのチェックを外すとデフォルト画像に切り替わります。

また、タイムラインの表示は初期時が2列ですが、1列への変更も可能。

見た目の変更はこれくらいで、大きくデザインを変えられる機能はないようです。

日記7

日記の作成機能を比べてみた

【My日記は日記らしい機能を用意】

 長文作成にも対応し、画像も10枚まで添付できる「My日記」。

画像は既に撮影したデータのみに限るようです。

また、同じ日付で複数の日記に分けて作ることはできません。

日記8

【140文字まで。1日にいくつもかける瞬間日記】

 ツイッターと同じく文字数の制限が140字なのが「瞬間日記」です。

ただし同じ日付で複数作成できるので、短い文字数でもその日の記録が詳細に残せます。

画像も一記事に対し複数添付可能。

ステッカー機能や、ネットで見つけたお気に入りのものをキャプチャしてそのまま日記にできる「瞬間コレクション」も独自の機能となっています。

日記9

【オシャレなフォントで雰囲気が増す日記ライフル】

 「日記ライフル」も基本的に日記に必要な機能は十分揃っています。

長文作成、画像添付のほか、日付と詳細な時間設定、カテゴリ(color)分けも可能です。

1日に複数作成できますが、画像の添付は日記1つに対し1枚までとなっています。

日記10

バックアップやセキュリティ機能を比べてみた

 せっかく書き溜めた日記のデータが消えてしまったらかなりのショック。

また、日記は基本的に自分しか見ないため、万が一の時のためのセキュリティ機能があれば安心です。

この2つの機能を中心に比べてみましょう。

【My日記はGoogleアカウントとの同期機能があり】

 「My日記」はGoogleとの同期が可能なので、データの破損や機種変更時にも対応できます。

また、設定からパスワードロックにチェックを入れておけば、アプリ起動時にパスワードの入力が必要に。

4桁のパスとヒントを設定しておけ、セキュリティはしっかり用意されています。

日記11

【独自のバックアップ機能とパスロックを用意する瞬間日記】

 「瞬間日記」はユーザー登録をしておけば、“あんしんバックアップ機能”の利用が可能です。

それ以外にも、ユーザー登録すれば友達や家族と交換日記ができるシステムも使用できるとのこと。

my日記同様に4桁のパスワードでロックをかけることもできますよ。

日記12

【Googleドライブにバックアップがとれる日記ライフル】

 My日記と同じくGoogleアカウントを使ってバックアップが作成できる「日記ライフル」。

ファイルの削除もアプリ内から行えます。

ロックに関しても他アプリと同様で、4桁のパスロックにより見られる心配もないでしょう。

日記13

使いやすい日記アプリは?

 日記らしい日記をつけたい人は「My日記」が良いでしょう。

日記は1日の終わりに1つだけ作るのが従来の姿かと思うので、そういった一般的な日記を理想としている方におすすめ。

画像が複数枚添付できるのも良いですし、デザインも大人可愛くて◎。

 思いついた時に書きたいという人なら「瞬間日記」か「日記ライフル」ですね。

前者はSNS感覚で手軽に残せ、画像もたっぷり添付できます。

後者は画像は一枚しか添付できませんが、複数回に分けて作成することで何枚も残していけます。

さらに長文にも対応するため、その時の気分でたくさん日記をつけたいという場合にも役立ちますよ。

 3アプリともバックアップ、セキュリティは用意されていますが、瞬間日記のみユーザー登録が必要なので他2つよりは手間に感じる人もいるでしょう。

あとはデザインなどの見た目。

瞬間日記は性別を問わない雰囲気で、My日記は女性向け、日記ライフルもフォントデザインからふんわりした印象があります。

見た目と使い心地、それぞれの相性が良ければ日記をつけるのも楽しくなるに違いありません。

3つのアプリの特徴まとめ

「My日記」

・ 長文作成可能で画像は10枚まで
・ 1日に1つ作成可能
・ Google同期とパスロック完備

Google playMy日記 ~寝るまえ5分間日記帳~
My日記 ~寝るまえ5分間日記帳~
制作: my App
評価: 4.1 / 5段階中
価格:無料 (2016/3/15 時点)



posted by: AndroidHTML v3.1

「瞬間日記」

・ 1つの日記につき140字まで。

画像は複数
・ 1日に複数作成可能
・ パスロックとユーザー登録によるバックアップ可

Google play瞬間日記
瞬間日記
制作: Utagoe Inc.
評価: 4.2 / 5段階中
価格:無料 (2016/3/16 時点)



posted by: AndroidHTML v3.1

「日記ライフル」

・ 長文作成可能だが画像は1枚のみ添付可能
・ 1日に複数作成可能
・ Googledriveへのバックアップとパスロック可

Google play日記 ライフル/Wrifle 無料日記アプリ
日記 ライフル/Wrifle 無料日記アプリ
制作: よしのり
評価: 4.3 / 5段階中
価格:無料 (2016/3/17 時点)



posted by: AndroidHTML v3.1

Sponsor Link