画像の保存・共有には「Dropbox」が常識?

今回紹介するアプリ
Dropbox

 エクスペリアZのカメラ画質の良さに感動しています。せっかくカメラの性能が上がったので、画像の管理も充実させたいと思いました。そんな時に目にとまったアプリが「Dropbox」。ご存知の方も多いかと思いますが、現在は当たり前となっているストレージサービスの一つであり、画像や動画の保存・共有などの機能が主なサービス内容となっています。


Sponsor Link

アプリをインストール後、起動してアカウント登録をしよう
ドロップボックス1

 Dropboxの最大の魅力はインターネット上にファイルの保管が出来るという点です。ネット上のサーバーに保存することで、万が一パソコンやスマホの不調によりデータが損失してしまっても、保存されている場所へアクセスすればいつでもどこでも閲覧が可能になります。

 これまではスマホとパソコンをケーブルでつなぎ、パソコンに写真や動画を取り込んで編集などを行う、という手順でした。しかし、Dropboxを使用すればそうした手間が不要になります。スマホ側からもパソコン側からも、同じIDとパスで利用することで接続の手間なしに同じ画像や動画を閲覧・編集することが可能です。スマホで撮影した写真をパソコンで見る、編集するといった流れが非常にスムーズになります。また、自分以外の人に見せたい場合は共有することも可能。誰でも見られることはもちろん、特定の相手だけアクセスできる共有フォルダの作成も可能です。

 画像を見る為にはアップロードが必要となりますが、アップロード中はネットに接続されます。アップロード方法には「Wi-Fiのみ」と「Wi-Fiまたはデータプラン」とがあり、後者のデータプランとはいわゆる3G回線のことでパケット通信料の発生するものです。スマホの場合はパケット定額に加入されている方がほとんどかとは思いますが、お使いの状況に応じてどちらかを設定しておきましょう。

ちなみに筆者はWi-Fiのみ。理由は外出中の電池消費を抑えるためと、3G回線の節約実験のため
ドロップボックス2

 アカウントを取得したら、先述のとおりスマホだけでなくとも画像が閲覧できるようになります。パソコンからDropboxの公式サイトへ移動し、IDとパスワードを入力すればOK。また、パソコン用のクライアントソフトをインストールしておけば、サイトへ飛ばずともスマホと同じ様にソフトの操作だけで画像を見ることができます。

 パソコン上でDropboxに画像を保存し、スマホで閲覧したい場合は「カメラアップロード」をタップすると閲覧可能です。アップロードしたデータはフォルダ別に管理すればより分かり易いですね。また、任意のフォルダへ移動し「ここにアップロードする」でアップロードすると移動の手間も省くことができます。パソコンでの操作も同様です。

ドロップボックス3
フォルダ作成はメニューを開いて「新しいフォルダ」→名前を付けて作成。
ドロップボックス4
ドロップボックス5

 以上の紹介はあくまで入門編のようなもの。これ以外にも他アプリとの連携が多いことでも知られています。Gmailやyahooメール、ファイル管理系のアプリなどがそれです。連携するアプリを増やすことでその機能をフルに活用することができるでしょう。連絡先やメール、画像などに関連するあらゆるクラウドストレージサービスを利用することは、もはや常識といえるかもしれません。


Sponsor Link