Ponta公式アプリ「MyPonta」でポイント活用の幅が広がる!

 多くの提携企業がある共通ポイントサービス「Ponta」の公式アプリがリリースされました。その名も「MyPonta」。便利なサービスをもっと便利にしてくれるアプリです。

今回紹介するアプリ

Google play MyPonta
MyPonta
制作: Loyalty Marketing, Inc.
評価: 2.5 / 5段階中
価格: 無料 (2015/12/16 時点)



posted by: AndroidHTML v3.1

利便性
見易さ
お得度
使いやすさ


Sponsor Link

Pontaを活用してお得に生活♪

 すでにPontaを貯めている、利用している方も多いと思います。

今回スマホでサービスを活用できるようになり、便利の幅がどれほど広がったのでしょうか。

その詳細を解説していきます。

ポンタ1

利用にはPonta.jpへの登録が必要

 アプリ自体は会員登録しなくても使えますが、すべての機能を使うためにはPonta.jpへの登録及びログインが必要になります。

登録済みの人は持っているアカウントでログインしましょう。

非会員の方は利用登録を行ってから使い始めましょう。

Ponta.jpへ登録するには、事前にPontaカードを取得しておく必要があります。

ポンタ2

【利用にはリクルートIDの取得が必要】

 カードを持っていてPonta.jpに登録していない場合、アプリから手順に従って利用登録を行えます。

Ponta.jpの利用にはリクルートIDを取得し、さらにPonta.jpの登録を行うという少々ややこしい手順ですが・・・。

ポンタ3

ログインなしの場合はニュースの閲覧のみ可能

 ログインせずに利用を開始すると、ホーム画面右側のニュースページが閲覧できます。

記事自体は問題なく読めますが、その他の機能はログインが必要となります。

ポンタ4

ログインしてできること

【デジタルカードとして使える】

 ログインしてバーコードメニューを開くと、自分のPontaカードにあるバーコードが表示されます。

提携店での買い物の際、カードではなくスマホのバーコード画面を表示することでポイントを貯めることができますよ。

この画面はスクリーンショットが撮影不可能なため画像をお見せすることができません。

実際にログインして確認してくださいね。

ポンタ5

【ニュースをスクラップに保存】

 ニュース記事の端にあるハサミアイコンをタップすると、その記事をスクラップブックに保存できます。

ただしログアウトしてしまうとスクラップブックは削除されるので注意しましょう。

ポンタ6

【クーポン・お試し引換券を利用できる】

 ホーム画面の“クーポン・お試し引換券”から現在ラインアップされているクーポンなどが利用できます。

クーポンを“お気に入り”に登録するのもログインすれば可能ですが、こちらもログアウトで消えてしまいます。

ポンタ7

最初の登録が手間

 すでにカードを持っている場合でも、Ponta.jpへの登録がまだの場合は上述の通り利用登録の手続きが必要です。

筆者の場合もカードのみ所持している状態だったので、利用登録を行いましたがこれが少々手間でした。

氏名を繰り返し入力しなければならなかったり、リクルートID→Ponta.jpの登録という手順もなんだか手間がかかるなぁというのが正直な感想です。

新商品のクーポンが多数ラインアップ

 クーポンのラインアップを見てみると、新しく出始めた商品が多く揃っており季節限定品などもあります。

アルコールからソフトドリンク、カップラーメンやお菓子、スイーツなどコンビニで見かけるとついつい買ってしまいそうなものがたくさん!どうせならポイントをためてお得にゲットできると良いですよね。

カードを持ち歩くのは面倒という人でも、スマホならいつも手放さないはず。

ポイントをためるアイテムとしては最も適しているかもしれません。

細かい改善が求められる段階

 スクラップブックやお気に入りがログアウトするたびに削除されたり、ログインの際にシステムが不安定だったりと不満な点が目立ちます。

いい加減最初で面倒な作業をこなしたのに・・・というがっかり感につながりました。

お得なクーポンなどが多数揃っているのはメリットがあります。

が、UIや操作性も微妙な印象・・・せっかくアプリ化したのですから、アプリならではの利便性をもっと追求して欲しいですね。

MyPonta使いこなし術!クーポンの利用方法について

MyPonta使いこなし術!設定やその他の機能について

MyPonta使いこなし術!ポイントのため方について

Sponsor Link