DMMmobileのSIMとZenfone2でテザリング!設定&使用感

 DMMmobileのSIMを使ってテザリングを行いました。使う端末はASUS Zenfone2とXperiaZです。

Sponsor Link

 今回はZenfone2にDMMmobileのSIMを装着し、XperiaZ側でテザリングでのネット通信を行いました。前回と同様にテザリングを行うための設定から始めます。Zenfone2側で設定→もっと見る→テザリングとポータブルアクセスポイ…の順に進みましょう。
テザリング1

Zenfone2でWi-fiテザリングの設定

 今回も簡単にできるWifiテザリングを使います。“ポータブルWi-Fiアクセスポイ…”をタップしてONにし、Zenfone2がルーターとして検出されるようにしておきます。
テザリング2

 “Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ”からアクセスポイントに関する情報を表示させます。“パスワードを表示する”にチェックを入れてパスを確認しておきましょう。
テザリング3

XperiaZでWi-fiテザリングの設定

 次にXperiaZの方で設定を開き、Wi-FiをONにしてWi-Fiメニューをひらきます。
テザリング4

表示されるポイントのうち、“My ASUS”を選択して先ほど確認したパスを入力し、接続しましょう。
テザリング5

「接続されました」の表示が出ればテザリング準備完了です。
テザリング6

テザリングでサイトや動画を見てみた

 サイトへの通信は通常の速度より若干ですが遅い印象。特別遅いというわけではないのですが画像など容量の大きいページでほんの少し手間取る程度で、人によっては誤差を感じないかもしれません。youtubeにての動画視聴は普通にスムーズな再生ができました。数本異なるジャンルの動画を見てみましたが、固まったり止まることなく視聴可能です。前回のb-mobileとの違いは歴然でした。

テザリングでゲームアプリをプレイしてみた

 同じ状態でゲームアプリをプレイ。自宅のWifiやドコモの回線と特に大きな変化は感じられませんでした。特別通信時間が長くなったり止まったりなどもなく、スムーズに遊ぶことができました。

アプリのインストールも問題なし

 テザリングとドコモLTEの双方で、37MB程度のアプリをインストールしてみました。時間的にはどちらも1分に満たない速度でしたが、テザリングの状態の方が倍くらい早かった印象です。通信量はテザリングで45MBほど、ドコモLTEで38MBほど消費しました。ドコモの方が少ない通信量でしたが、速度的にはテザリングの方がスムーズでしたね。

PCともテザリング設定

 恒例ですが、Zenfone2とPCでも同じようにWifiテザリングを行いました。使用するPCはmacで、Zenfone2は上記と同じ手順でポータブルWiFiをONにしておきます。mac側はシステム環境設定から“ネットワーク”を開き、前回と同じ手順で接続します。
テザリング7

 +アイコンをタップして新しい接続先を作成します。インターフェイスに“Wi-Fi”を選び、作成をクリック。サービス名は自由に決定できます。
テザリング8

 作成した接続先を選択した状態で“ネットワーク名”に“My ASUS”を選択。
テザリング9

 パスワードの入力を要求されるので、先ほど確認したものを入力し、接続をクリック。
テザリング10

「IPアドレスなし」で接続されない

 筆者の場合、パスの入力まで済ませましたが右側のサービス名(Wifi3の下)に「IPアドレスなし」の表示が出たまま接続できませんでした。“詳細”をクリックして“TCP/IP”のタブを選択。“IPv4の設定”を「手入力」に変え、IPv4アドレスやサブネットマスク、ルーターの手入力を行ってOKをクリックすると、一応表示では接続済みに変わりました。
テザリング11

PCでネットを使ってみると・・・

 これは繋がっているのか・・・?表示上は接続済みになっていますが、全く使い物になりませんでした。オフラインの表示こそ出ないものの、どこをクリックしてもずーっと止まったまま。Zenfone2でデータ容量を確認しても通信量が増えた様子がないので、全然通信できていないんでしょうね。なんでだ・・・。

Bluetoothでのテザリング

 Bluetoothを使ってのテザリングもやってみました。スマホ同士でゲームやネットサーフィンなどを行いましたが、Wifiテザリングよりも速度は遅いです。動画視聴も同じく、Wifiテザリングに比べてロードが長い上同じ動画でもところどころ止まる場面が目立ちました。

PCではWifiテザリングよりマシで、ネット通信自体は可能だったのですがとても快適に使えるレベルではありません。ページの読み込みにかなり時間がかかり、画像の表示も非常に遅い。今回の結果だけを見ると、DMMの回線でテザリングを行うならWifiテザリングを推奨しますね。

Sponsor Link