Zenfone2にDMMのSIMを装着して初期設定!

 DMMmobileのデータ通信専用SIMが届きました。早速Zenfone2に取り付けてデータ通信ができるよう設定をしましょう。

 SIMカードをさしただけではデータ通信はできません。

同封の書類「はじめてご利用ガイド」にも記載されているとおり、モバイルデータ通信を行うための初期設定が必要です。

データ通信設定を行おう!

早速モバイルデータ通信の設定を行ないましょう。

SIMカードを装着したら電源を入れ、設定メニュー→「もっと見る」をタップします。

DMM設定1

続いて「モバイルネットワーク」→“データ通信を有効にする”がONになっているのを確認した上で「アクセスポイント名」をタップ
DMM設定2

+アイコンをタップし、DMMのアクセスポイントを作成します。

利用ガイドにもあるとおり、下記のAPNを入力しましょう。

名前     任意(DMMmobile など)
APN     dmm.com
ユーザー名  dmm@dmm.com
パスワード  dmm
認証タイプ  PAPまたはCHAP
DMM設定3

最後に右上のメニューアイコンをタップし、必ず「保存」をしてください。

DMM設定4

APN選択画面に戻ります。

先ほど作成したDMMのAPNがあるので、それをタップで選択しましょう。

程なくして電波アイコンのところに“4G”と出れば接続完了です。

DMM設定5

DMMからメールアドレスの提供はなし

 DMMのデータ通信でキャリアのメールは使用できませんが、DMMではメールアドレスの提供は行っていません。

Gmailなどのフリーメールを利用しなければなりませんので、取得していない人は準備しておきましょう。

高速データ通信の残量通知設定

 DMMではマイページにログインすると、契約内容や請求内容などが確認できます。

ここに「高速データ通信残量通知」というメニューがありますが、残りの容量が20%になるとメールで通知するかどうかの設定が可能です。

初期時はOFFになっているので、通知を希望する場合はONにしておきましょう。

高速通信が急に切れてしまう心配が減るほか、使いすぎも防げますよ。

DMM設定6

Sponsor Link