エクスペリアZの初期設定をいじる

 初期段階のエクスペリアZのホーム。非常に使いにくいです。なにこれホームアプリありきなの?と思ったら、優先設定で変更できました。設定画面からXperia→優先アプリ設定→一括設定→Xperiaを選択することで解消。初期は一括設定がドコモになっているようです。

初期設定1

初期設定2

初期設定3

初期設定4

 量販店ではキャリアメールの設定まで行ってもらいました。のでGoogleアカウントなどほとんどの設定は自分で行いました。


Sponsor Link

購入時にやっておきたい初期設定

Googleアカウント・・・アンドロイド端末において様々なところで必要になります。既に取得済みの方も初めてという方も、一番最初に行っておくと良いでしょう。

初期設定5

Wi-fi設定・・・特に自宅がWi-fi環境にある方は設定すべきですね。回線や地域などにもよりますが、より早く安定的にネットを利用するにはLTEよりも固定回線が有利と言えます。数値上の速度だけでなく、体感として現れるものに差が出てくることは間違いありません。

設定画面を開くとすぐにあるWi-Fiをタップすると近隣の回線を取得するので任意の回線を選択してパスワードを入力。右のスイッチでオンオフ切り替え
初期設定6

※Wi-fi設定と併せてやっておきたい設定※
docomoWi-fiかんたん接続・・・ドコモが提供する無料アプリです。ウィジェットとして配置しておき、それをタップするだけで自動的に自宅の無線LANに接続を行います。更に自動接続モードをONにしておけば、接続可能環境下に入った際にタップせずとも接続を行ってくれます。

アプリを開く。申し込み済みのユーザーIDとパスワードの入力のほか、自宅Wi-Fiの設定も(申し込みもここから可)
初期設定7

自宅Wi-Fiをタップし、回線情報を入力しておこう
初期設定8

自動接続の設定も。自動接続モード設定の自宅Wi-Fiにチェックを入れるだけでOK
初期設定9

必要ないアプリのアンインストール・・・そのまま利用するという人は残しておいても問題ありません。
※アンインストールできないアプリ(アプリの「ダウンロード」項目中)※

スケジュール&メモ
ドコモバックアップ
メディアプレーヤー
Googleプレイストア
iコンシェル
iコンテンツ

 上記以外はSPモードメールも含めてアンインストールできるんですね、知らなかったYO。リンクス時代はプリインストールアプリは全く削除させてもらえなかったんですが、知らない間に変わってきたんでしょうか。意外とすんなり削除させてもらえるようになっていました。じゃあなんでiコンシェルとiコンテンツはだめなんだっていう。

 アンインストールできないアプリで使用しないものは基本的に無効にしておくのも◎。知らないうちに行われる勝手なデータ通信などを避けることができます。

任意のアプリ(設定画面→アプリの「すべて」項目中から)を選択し、無効をタップ
初期設定10


Sponsor Link