スマホ解体新書

スマホの基本操作や機能の使い方、アプリのレビュー、キャリア比較などをお届けする「スマホ解体新書」です。

b-mobileのSIMを装着したXperiaZとZenfone2で速度測定

      2016/05/02

LINEで送る
Pocket

この記事の所要時間: 224

 b-mobileのおかわりSIMと2つの端末を使って、データ通信の速度測定を行ってみました。

Sponsor Link

 XperiaZとZenfone2それぞれにb-mobileのSIMカードを装着して通信速度を測定します。時間は大体13時~15時の2時間で、ランダムに時間をおき測定しました。ただし使用するSIMが1つなので、測定日は異なりますがいずれも平日です。測定に使用したのは速度測定用のサイトと測定アプリです。なお、測定前にはブラウザ以外のタスクを終了させておきましょう。

速度測定のサイト「BNRスピードテスト
測定アプリ「Speedtest.net

XperiaZにSIMを入れて測定

 まずはXperiaZとb-mobileのSIMで測定した結果。サイトでの数値です。
速度測定1

 同じくXperiaZで、アプリでの数値です。
速度測定2

全体的に快適な速度を維持

 サイトとアプリで多少の差はあるものの、14時台に入り下り速度が伸びているのは共通しています(測定4回目、5回目)。最低値では4Mbps台、最高値では14~15Mbps台まで出ています。XperiaZとniftyで測定した時は今回より少ない回数で測定でしたが、数値を比較すると全体的にb-mobileの方が数値が伸びていますね。

Zenfone2にSIMを入れて測定

 次にZenfone2とb-mobileのSIMで測定した結果。サイトでの数値です。
速度測定3

 同じくZenfone2で、アプリでの数値です。1回分多く測定してしまっていますが(汗)。
速度測定4

XperiaZよりも全体的に低い数値

 XperiaZの数値と比べると、いずれも少し遅めの結果となっているようですね。13時台より14時台の方がやや回復するというのは同じのようですが、2桁には達していません。NiftyのSIMで測定した時よりもアプリや画像等の使用容量は増えていますが、それでも極端な差はないはずですし古株のXperiaZの方が使用率は高いのですが。

アップロード速度には大差?

 下り(ダウンロード)の速度よりも上り(アップロード)の速度の差が大きい結果になりました。XperiaZでは全ての結果で1Mbps以上なのに対し、Zenfone2ではどちらの測定方法でも1Mbpsを下回る数値が多くなっています。

実際の使用感においては双方問題ない速度

 2つの端末で飛び抜けた大差がついているわけではないですし、Zenfone2に入れた時の方が極端に遅かった、という体感はありません。ただ、niftyの時は一部の結果を除いてXperiaZでの方が全体的に遅い数値だったので、正反対の結果になったのは意外ですね。

Sponsor Link