タイムラインで画像を管理できる「My History」

 写真や動画などのデータをオンラインストレージへ保存できるサービスをNECパーソナルコンピュータが開始しています。そのサービス「My History」は同名のアプリを利用することでスマホからの管理を容易にします。

今回紹介するアプリ

My History(Android)

My History – NEC Personal Computers, Ltd.

利便性
保存容量
デザイン
使いやすさ


Sponsor Link

タイムラインでデータを管理できる

 オンラインストレージに保存するのでスマホ以外の端末からもアクセスすることができ、表示はアルバムを見るような感覚のタイムライン表示となっています。使い方とともに実際の使用感などもご覧下さい。
ヒストリー1

サービスの利用開始には無料の登録が必要となる。My Historyのアカウントを作成するか、FacebookやTwitter、Instagramのアカウントを利用することも可能
ヒストリー2

ホーム画面がこちら。“マイタイムライン”がストレージ上にインポートしたデータ。何もデータを保存していないので真っ暗の状態だが、インポートすれば表示される
ヒストリー3

タイムラインの切替から“ローカルタイムライン”に切替。端末内にある画像の表示に切り替わり、タイムラインで見ることができる
ヒストリー4

画像や動画をインポートしてストレージ上へ保存

 画面をスワイプすると下バーにメニューが表示されます。そこにある「インポート」からデータをストレージ上へ保存しましょう。端末内にあるデータを保存するには「写真や動画をインポート」、今から撮影してそのまま保存するには「写真や動画を撮る」を選択します。Instagramを活用している方であれば「Instagramからインポート」を利用することもできますよ。
ヒストリー5

 今回は「写真や動画をインポート」を選択してスマホ内の写真をインポートしてみます。まずはインポートしたい写真を選択してチェックを入れましょう。写真を選択し終わったら右上の“インポート”をタップします。
ヒストリー6

 次画面ではコメントの追加が可能です。コメントを入れたい画像の「コメントを追加」をタップしてコメントを入力できます。選択した画像をインポートするには最後に右上の“インポート”をタップしてください。また、選択した画像でアルバムを作りたい場合は下の「アルバム」をタップで作成できます。
ヒストリー7
ヒストリー8

複数のタイムラインを作って管理できる

 家族写真や趣味用、友達との思い出など自由に分類して複数のタイムラインを作ることができます。ホームの上部メニューから「新規TL」をタップして新たなタイムラインを追加可能です。複数に分けて保存することで、見たい写真だけをすぐに閲覧することができますよ。
ヒストリー9

他端末でウェブ上からアクセス

 PCを使ってウェブサイトからインポートしたデータにアクセスしてみましょう。My Historyのサイトを開いてログインします。すると画像のホーム画面が開き、さきほどインポートした画像がタイムラインで表示されます。
ヒストリー10

ウェブからはホーム画面の壁紙が変更可能

 ウェブサイトではインポートした画像の中から壁紙を設定しておけます。右上にあるメニューアイコンから「壁紙設定」をクリックし、壁紙にしたい画像を選べば完了です。壁紙の変更はアプリには反映されません。
ヒストリー11

無料の場合は写真で500枚、動画はオプション料金が必要

 利用状況から現在保存している画像の枚数と保存できる残りの容量を知ることができます。データの単位ではなく枚数で表示してくれるところは、コンピュータに弱い人でも分かりやすく把握できるので嬉しいですね。
ヒストリー12

 ストレージ拡張には基本プランを変更するか、オプションで容量を追加する必要があります。写真を1000枚まで保存できるベーシックプランは月額108円、無制限となるプレミアムプランは月額540円です。双方には継続して利用すると容量が追加される特典も付いていますが、基本的にどのプランも動画を保存する容量は設定されていません。従って動画保存はオプション料金を払う必要があり、60分で540円となります。
ヒストリー13

初利用時は動画を無料インポートできない点がわかりにくい

 チュートリアルがないので直感的に操作していくこととなります。動画がオプション専用ということを知らずにインポートを始めてしまい、延々ロードしたあげくエラー表示となりました。
ヒストリー14

 サービス利用規約には一言ありますが、アプリのインポート画面にも“写真や動画をインポート”と最初からできるような表示なので誤解を招くと思います。最低でもアプリ開始時に容量説明するか、動画選択の時点などで(インポート処理の開始前には)告知をするなりしないと初心者は誰も気づかないことでしょう。単なるエラーかと思ったら保存できない仕様だったとはびっくりです。

アルバム風なデザインは良いが使い勝手は微妙

 上述のように説明不足な点が気になりました。いずれのプランでも動画の保存には課金が必要であればもっと分かりやすいように明記すべきでしょう。画像をインポートしたのにアプリのタイムラインに表示されないケースもありました。ウェブ上のタイムラインでは反映されており、アプリでもアルバムには表示されて消費容量も増えているのに…。タイムラインで管理できるという点はアルバム感が出て良いと思うのですが、細かい点で使いにくさを感じました。無料版ですとあっという間に保存できなくなりそうなのも残念ですね。

Sponsor Link