「DOOORS ZERO」のシリーズ最新作!360度回転できるようになった

今回紹介するアプリ

DOOORS ZERO(Android)

DOOORS ZERO

難易度
グラフィック
操作性
やりこみ度


 大人気脱出系ゲームの最新版「DOOORS ZERO」のレビューをお届けします。このシリーズは各部屋の仕掛けを解き、ドアを開いていくという単純ながらも難易度が高いゲームとして人気を博しています。

Sponsor Link

新たな仕掛けを用意!あなたはこのドアを開くことができるか?

 今回のDOOORSは空間を360度使った謎解きとなっています。これまで平面だった部屋をぐるりと見渡せるようになって臨場感が高まるとともに、新しい仕掛けが加わって更なる魅力も増していますよ。
ドア1

早速始めのドアを開いてみよう。画面を左右にスワイプすると視点も回転し、部屋の中を360度見渡すことができる
ドア2

基本はこれまで同様。部屋中をタップして仕掛けを解いていこう

 基本の操作はシリーズを通して共通なので、ファンなら序盤はお手のものでしょう。初心者でもタップして探す、動かす、解くという簡単な操作が多いのですぐに謎解きを楽しむことができます。無音の部屋をひたすらいじりまくるというシュールさも健在です。

お馴染みの仕掛け。タップで動かして謎を解けばドアの鍵が開く仕組みだ
ドア3

アイテムを入手して仕掛けを解く場合もある。手に入れたアイテムは●の中に表示される。使用する場合は先にアイテムをタップしておき、使用したい場所を更にタップしよう
ドア4

アイテムは直接仕掛けを解くだけでなく、一旦使用して変化させることで謎を解くことができる場合も。例えばこの松明(多分)はこのままでは使えないが、図をヒントに液につけると・・・
ドア5

若干先端の色が変化している。この状態で暖炉に使用すると・・・
ドア6

更に変化して松明に火がともった。これでドアの前にある邪魔な草を燃やせるだろう
ドア7

仕掛けを解く以外にも鍵でドアを開ける場合も。隠された鍵を手に入れてサクッとドアを開けよう
ドア8

スマホのセンサーを利用した仕掛けももちろんあり

 こちらもシリーズ共通となるスマホに内蔵されるセンサーを利用した仕掛け。スマホを傾けると部屋に配置されているものも同じように移動します。ボールがある部屋はスマホを動かそうというヒントでもありますよ。
ドア9

 傾けたり逆さにするだけでなく、スマホをシェイクするのも必要です。左右に振ることで物を動かすことが可能。この部屋の仕掛けを解くのにもスマホのシェイクがポイントになります。
ドア10

やっぱり登場した不思議なあの人!

 早速序盤から登場してくれたこの人。部屋を見渡してみるとなんとプロフィールが!年齢は39歳らしい。見た目よりは若いんだ・・・と思ったのが筆者の感想です。つっつくと相変わらず怪訝そうな声で愉快なアクションをしてくれます。
ドア11

画面を綺麗に拭いてからプレイしましょう(笑)

 壁や床にある小さなヒントを見逃さないために、スマホの画面を綺麗にしてからプレイすることをお勧めします。筆者はスマホについた小さなホコリを必至にタップしてしまいました(汗)。冗談だろと思うかもしれませんが、DOOORSはそれほど小さい仕掛けがあって見落としやすいんです。万が一画面が割れてしまっている人は新調してからプレイしないと攻略できないかも!?

樽の移動に手間取った(汗)

 樽を移動させる部屋。樽をタップすれば左右に移動するのですが、久々にプレイしたせいか最初は方法が掴めず苦労しました。正しい移動法ですが、樽をタップする際は動かす方向とは逆側を押すこと。右に移動させたい場合は樽の左側、左に移動の場合は右側をタップしてください。
ドア12

とにかく見渡そう!空間把握能力がつきそう

 視点が回転するようになって仕掛けの種類も多用になりました。徹底的に見渡して空間を把握しましょう。グラフィックもより綺麗になっていてリアルさがアップしています。なんだか脳が鍛えられそうというか、空間を把握する能力がグングン上がりそうです。空間を活かした謎解きがメインで、今回は隅々までタップしないと・・・という感じは薄かったですね。

ボリューム不足!今後のステージ追加に期待

 よっしゃーと意気込んでプレイし始めたのは良いものの、僅か20ステージのみで拍子抜け・・・。1時間あれば余裕でクリアできてしまいました。個人的には過去の作品の方が難易度は高いですね。ステージ数も豊富でしたし、今回もそのつもりだったのが思ったより詰まずにクリア。せっかく360度回転できるようになったのに残念。全ステージクリア後は非常に物足りなさを感じてしまいました。期待が高かった分もありますが、ボリューム不足な仕上がりというのが正直な感想です。
ドア13

 そういった意味では謎解き初心者でもやりやすいかもしれませんね。これをキッカケに他のDOOORSに手を出す人もいることでしょう。筆者を含め、シリーズのファンという方にとっては物足りなさを感じてしまうと思いますが・・・。是非とも部屋の追加がなされることに期待しております。

Sponsor Link