「紀伊國屋書店」はアプリの使い勝手とストアの品揃えが高レベルな電子書籍店

今回紹介する電子書籍

紀伊國屋書店

読みやすさ
使いやすさ
品揃え
利便性


 全国に店舗を展開する紀伊國屋書店ですが、今回は同社の電子書籍サービスをご紹介します。大手書店であり出版社でもある紀伊國屋ですから、否が応でも期待が高まります。


Sponsor Link

ジャンルの幅が広く、書籍の数も豊富

 おって詳細を記しますが、ラインアップや使いやすさのバランスが絶妙です。文芸書やコミック、雑誌など豊富な品揃えでユーザーを満足させてくれるはずです。

まずは会員登録から。最初にアドレスを送信してメール受信後、受け取ったURLから手続きを済ませよう。住所は都道府県のみだが、通販利用希望者のみ詳細な住所の登録も可能
紀伊国屋1

紀伊國屋の電子書籍を読むにはこちらのアプリ「Kinoppy」が必要なので無料インストールしておくこと
紀伊国屋2

欲しい書籍を検索してカートに入れる→購入というシンプルな購入手順でわかりやすい
紀伊国屋3

アプリからの購入画面はこちら。同様に選択してカートに入れ、支払い方法を選ぶという手順
紀伊国屋4

アプリ画面がこちら。初期起動時には初心者向けのレクチャーも表示されるのでありがたい
紀伊国屋5

漫画の閲覧画面。画面タップでメニュー呼び出し。ピンチ操作で拡大・縮小が可能なほか、画面左に目次メニューを呼び出すことも可能
紀伊国屋6

小説の閲覧画面。漫画同様の設定が可能。ピンチ操作で大きさを調節し、サイズの表示をタップすればその大きさで確定、閲覧が可能
紀伊国屋7

メイン本棚のほか、スマート本棚を備え書籍の整理整頓が楽々

 本棚には購入した書籍が一覧される“メイン本棚”、分類する際に便利な“スマート本棚”が用意されています。スマート本棚では特定の条件を指定しておき、それに該当する書籍を置いた本棚を作成することが可能です。タイトルや著者、購入日など細かい指定が可能なので書籍の分類に活躍するでしょう。
紀伊国屋8

サブジャンル検索機能が優秀

 書籍は大きく“文芸”、“ビジネス・実用書”、“コミック”、“ライトノベル”、“雑誌”に別れており、フリーワードや著者名、出版社名などで検索できます。また、“サブジャンルから探す”の中の“すべて”をタップするとサブジャンルのすべてが表示されます。ここからは該当する書籍数も一覧でき、ラインアップの豊富さを伺い知ることができるでしょう。今のところ文芸系とコミック系の数がかなり多いようです。
紀伊国屋9

アプリストアが使いやすい

 電子書籍ストアにもよりますが、アプリからストアへ移動するとウェブサイトへ直行する場合があります。紀伊國屋書店の場合はウェブサイトとアプリからのストア、両方が利用できます。が、使い勝手は後者の方が断然良いと感じました。

 先述したサブジャンル機能はアプリのストアで活用できるものですし、無料の本を探す際にも“無料の本を探す”という項目のあるアプリ版が配慮が優しいです。通常のウェブストアですとどうしても電子書籍以外の商品もありますから、電子書籍サービスのみ利用したい方はアプリからの使用をおすすめします。

同店のポイントカードの利用も可能

 紀伊國屋書店で利用できるポイントカードがありますが、電子書籍の購入に関しても同じカードへポイント付与、及び利用が可能です。お持ちの方は会員登録後に会員メニューから“ポイントカードの登録”を行いましょう。
紀伊国屋10

ポイントが倍になるゴールド会員は書籍のヘビーユーザー向け?

 会員にはランクアップシステムがあり、一般会員とゴールド会員があります。前者には購入金額100円につき1ポイントの付与、後者には更に100円につき1ポイントが付与されます。つまり二倍のポイントがつくということですね。ゴールド会員になる条件ですが、毎月1万円以上(税抜き)買い物をした会員が該当し、翌月からポイントアップの特典が受けられます。CDやDVDもよく購入するなら別ですが、毎月ともなるとかなり書籍を読む方でないと難しいのではないでしょうか。
紀伊国屋11

クラウド本棚やDropboxとの連携が便利

 ウェブストアで購入した電子書籍はクラウド上で保管されます。アプリのローカル本棚で削除した書籍も、サイトストアの「会員メニュー」から“あなたの本棚の編集”→“買ったものリスト”から復活させることが可能です。あなたの本棚の利用はサイトストアからのみで、アプリストアからの利用ができないようなので注意。復活させたい書籍欄の“kinoppyで読む”を選択すれば、アプリのクラウド本棚へ追加されます。
紀伊国屋12

 Dropboxを使っている方なら連携も可能。アプリから認証しておけば、Dropboxにある対応ファイルも本棚へインポートできます。内部ストレージからも同様に本棚へ追加が可能(内部ストレージ以下の「Kinoppy」か「Download」フォルダにあるファイル)。取り込み可能なファイル形式は現在epub、zbf、book、hdc、pdfとなっています。
紀伊国屋13

ラインアップとサービスの水準が高い、おすすめできるストアの一つ

 上述のとおり文芸系とコミック系を中心に、懐かしい作品から最新作まで多くの電子書籍が揃っています。ラインアップもさることながら、アプリの使いやすさも高ポイントと言えるでしょう。アプリからは本棚もストアもメニューがスワイプですぐに呼び出せ、検索機能も優秀。本棚の機能も便利なものが揃っており、上級者から初心者まで幅広くおすすめできる電子書籍ストアといえるでしょう。

今回紹介した電子書籍

紀伊國屋書店



Sponsor Link