漫画マニアにおすすめの電子書籍サービス「eBook Japan」

今回紹介する電子書籍

eBookJapan

分かりやすさ
品揃え
個性
利便性


 200000冊以上をラインアップする電子書籍サービス、それが今回取り上げる「eBook Japan」です。漫画を中心に豊富なジャンルを取り揃えている書籍の宝庫と言えるでしょう。


Sponsor Link

最新作から名作、希少な作品までを網羅

 最近の話題作や言わずと知れた名作はもちろん、古本屋でも見つけにくいようなマニアックな本までラインアップされています。紙媒体では見つけることができなかったものも、eBook Japanなら見つけることができるかも?

まずは無料の会員登録を行おう。最初にアドレスを入力すると、認証番号が記載されたメールが送られてくる。その番号と各種必要事項を入力し、規約に同意して登録しよう
eブック1

サイトは比較的シンプルな構成で老若男女問わず利用しやすいだろう。漫画の取り扱いが多いようだが文芸書や雑誌、写真集など幅広く用意されている
eブック2

閲覧方法は“アプリ”か“ブラウザ楽読み”の二つ

 当サービスには二つの閲覧方法があります。まず一般的な専用のアプリを用いるというもの。アプリは同社の「電子書籍・コミックリーダー ebiReader」で、ストアから無料でインストールが可能です。
eブック3

 もう一つは“ブラウザ楽読み”。ストリーミングによる閲覧方法で、アプリのインストールなく書籍を読むことが可能です。ブラウザ楽読みができる書籍には“ブラウザ楽読み版”という表示があります。
eブック4

書籍の購入は商品ページの下の方にある“書籍リスト”から欲しい書籍にチェックを入れ、購入ボタンをタップする。すると買い物かごへ商品が入った状態に。ここからまた別の書籍を購入することも可能
eブック5

買い物が終わったら買い物かごの中身や合計金額などを再確認し、下の“購入手続きへ進む”をタップして決済方法などを選択後、正式に購入が完了する(確認メールが届く)。無料の場合は“ダウンロード手続きへ進むor購入手続きへ進む”→“無料購入する”をタップで完了だ
eブック6

購入した書籍は一旦“トランクルーム”へ送られる。読むためにはトランクルームから書籍をタップし、ダウンロードする必要がある。購入後に“今すぐ読む”をタップすればすぐにダウンロードが始まる
eブック7

“トランクルーム”には購入した本が並んでいるので、タップでダウンロードを行い“Android本棚”へ移そう
eブック8

漫画の閲覧画面。スマホのメニューボタンからメニュー呼び出し。詳細な設定は設定アイコンから“読書に関する設定”で行おう。フォントのダウンロードやしおりのデザイン変更も可能
eブック9
eブック10

小説の閲覧画面。漫画同様に設定を行う。設定メニューは開くと数秒で閉じられるため、ゆっくりと設定したい場合は“読書メニュー表示時間設定”から設定を見直しておこう
eブック11

マニアックな本が欲しいならまる得希少本コーナーへ!

 紙媒体や他の電子書籍店では入手困難なマニアック作品、古い作品を特集しているまる得希少本ジャンル。お買い得な値段で多くの作品がラインアップされています。また、PCサイト版から当ページを見てみると、入手困難度や市場価格なんかもチェック出来ますよ。
eブック12

二通りの読み方があるので面倒臭がりにもおすすめ

 アプリをインストールして読むまでもない、という方もいるでしょう。容量が気になる、ちょっと読みたいくらいだからアプリはいらない・・・という方でもブラウザ楽読みという方法があるので便利ですね。読書の途中で読み込み時間が必要になるので、そのあたりが気にならないなら簡単なブラウザ楽読みがおすすめです。

購入手順がちょっとわかりにくい

 商品の詳細ページにとんだとき、上述のとおり“書籍リスト”からチェックを入れて購入する必要があります。一度分かれば問題ないですが、初めて利用した際にはちょっとわかりにくかったですね。専用アプリのインストールも何かを購入して初めて案内が出ましたから、初心者への配慮は低めかも・・・。

漫画が大好きな人におすすめ

 最新作から聞いたこともない作品まで多く取り揃えているのが最大の魅力。特に漫画が好きな方にはマニアックなラインアップを眺めるだけでも価値があるかもしれません。当サービス内で連載されているコラムも何気に面白いのでお試しあれ。

今回紹介した電子書籍

eBookJapan



Sponsor Link