Simejiを使いこなす~Simeji入門編~

 数あるIMEアプリの中でも特に有名なものといえば「Simeji」。「備えておくと便利なアプリ」でも少しだけ紹介させてもらいましたが、このサイト内で更に深く取り上げていきたいと思います。Simejiをまだ使ったことがない人には、使うきっかけや参考になればと思います。

ストアでSimejiをインストールしよう。アプリを立ち上げると規約が出てくるので、読んだら「同意する」をタップ
しめじ入門1

 インストールしたからといって、文字入力にすぐさまSimejiが適応されているわけではありません。まずはSimejiを使用できる環境を整えましょう。

規約に同意すると下画像のとおりに作業をすすめることになる。画面タップ又は、リンクスの場合は「menu」ボタン→「設定」で設定画面を開き、「言語とキーボード」(画像で言う「言語の文字入力」に相当)を選択
しめじ入門2
しめじ入門3

表示されている「Simeji」にチェックを入れる。下画像のような警告が出るので確認の上「OK」をタップ
しめじ入門4
しめじ入門5

Simejiアプリからきた場合は「戻る(←)」ボタンでSimejiに戻るか、それ以外なら文字入力画面の空白部分で画面を長押し→「入力方法」をタップすると入力方法選択画面になるので、Simejiを選択
しめじ入門6

 以上でSimejiを使う準備が整いました。こうした作業はSimejiに限ったことではありません。スマホでアプリをインストールしたら、同じような作業を繰り返すことになると思います(アプリを有効にする、という言い方をします)。スマホ初心者にとっては慣れるまで戸惑うことになるかもしれませんが、流れとして身につけていきましょう。
 さて、実際にSimejiを使用する前に、基本設定などを確認しておくと良いでしょう。

次にSimejiアプリを立ち上げると様々な設定画面が表示される。これは文字入力の画面からも移行可能
しめじ入門7

最初はフリック入力になっているので、初心者は要チェック。他にも様々な入力方法に対応している
しめじ入門8


Sponsor Link