楽々経営でビアガーデンの気分を満喫できる「僕のビアガーデン」

今回紹介するアプリ

僕のビアガーデン(Android)

僕のビアガーデン

 夏にぴったりのアプリ「僕のビアガーデン」をお届けします。本作はgeejeejejeがリリースする「僕の○○」シリーズの一つで、ビアガーデン経営を題材としたものです。もうすでにリアルで満喫しているという方も多いかと思いますが、アプリでもビアガーデンの気分を味わってみませんか?


Sponsor Link

ビアガーデンを運営する経営SLG

 といっても経営SLGなので、お客側ではなくお店側の立場でプレイします。しかしながら、ビアガーデンの楽しさがなぜかひしひしと伝わってくるアプリに仕上がっていますよ。その秘密はグラフィックとリアルなSE。是非サウンドはONでプレイしてみてください。

ビアガーデン1

食材の収穫、レシピの開発、メニューの提供を繰り返して収益をあげていくのが基本的な流れとなる。まずは食材を収穫しよう。直営農園からタップやスワイプで食材を収穫。野菜や肉、魚介類が全てここで手に入るぞ。チョコやキャラメルが畑から収穫できることにはつっこまないでほしい
ビアガーデン2

ある程度食材が溜まったら、“レシピ”のアイコンからレシピを開発してみよう。レシピは3つまでの“食材”と、6種類の“調理法”を組み合わせて開発する。まずはレシピのヒントを元に食材を選ぼう。各食材の“選択”をタップでセレクトし、“調理方法へ”をタップで次へ
ビアガーデン3
6種類の調理方法から選択しよう。例えば“素材の味”は主にサラダ系、“飲み物”はアルコール飲料など、“デザート”はそのままデザートを作るときに使用する
ビアガーデン4
開発に成功すると美味しそうな料理が完成する。うーん、思わずにやけそう
ビアガーデン5
レシピが集まったらビアガーデンで提供しよう。“ビアガーデン”のアイコンをタップでお店へ。“料理を出す”で提供するメニューを決めよう

実際の提供にも食材を消費するので、開発していても食材がなければ提供できない。提供できるメニューの数にも限りがあるので気をつけよう
ビアガーデン7
料理が並ぶとこんな感じに。ビアガーデンのあの雰囲気が脳裏によみがえる!料理は時間が経てば勝手に売れていくのでどんどん提供すれば良し
ビアガーデン8

タブの“街”から買い物へ。“本屋”ではレシピの追加、“雑貨屋”では農園やビアガーデンの拡張、“市場”では収穫したことのある食材の購入が可能
ビアガーデン9

食材とメニューが豊富!リアルなSEに思わずお腹が・・・

 野菜や果物、穀類、肉類に乳製品、魚介類に菓子類など、食材がふんだんに用意されています。収穫できる食材は畑や牛、豚などでランダムに異なり、それぞれに対応する食材を得ることができます(畑だと野菜や果物全般、牛なら乳製品と牛肉、など)。食材はかなりの短時間でサクサク収穫できるので、序盤から手軽に楽しむことができますよ。

 それから調理方法選択時のSEも良い感じです。例えば“焼く、炒める”のSEならフライパンで焼いているようなあの音が響きます。飲み物なら注ぐ音ですね。そして完成後の美味しそうなメニュー。プレイしているとお腹が減りそうになるアプリです(笑)。

難易度という概念がないほどサックサク

 食材も面白いほど早く、たくさん収穫できますし、レシピのヒントも非常に分かりやすいので開発もとても簡単です。利益を上げるのにも全く苦労しないので、ある意味ではやり込みにかけるかも?非常にゆるいゲームなので、ただ思うままに雰囲気を楽しみたい方、料理が好きな方、なによりビアガーデンを愛している方などに向いているでしょう。まったりとビアガーデンの気分を味わいたい方におすすめのアプリとなっています。


Sponsor Link