「Wantedly」は新しい就活のカタチを作り出したアプリ

今回紹介するアプリ

Wantedly(Android)

Wantedly

 時代の流れとともに様々な変化を見せる就職活動。昔と今とで就活のここが異なる、という点は色々とありますが、最近ではアプリを用いて行なう就活があるのをご存知ですか?今回ご紹介する「Wantedly」というアプリは単純な仕事探しだけでなく、様々な企業の想いや情熱を感じられるソーシャルリクルーティングアプリとなっています。


Sponsor Link

ログインが必要

 このアプリはFacebookのアカウントが使えるほか、メールアドレスで新規アカウントの取得も可能です。ログインすることで本格的な就活アプリとして機能するので、活用したい方は是非ログインを行ないましょう。

就活1

このアプリは基本的に求人情報の閲覧やエントリーができるアプリだが、少し異なる点がある。まずは気になる企業、募集要項をタップで見てみよう
就活2
まず見出しに募集タイトルがあり、その後に掲載されるのは企業の紹介文や写真。“なにをやっているのか”や“なぜやるのか”など分かりやすい切り口から企業それぞれの理念を知ることができる。
就活3
最後の方に詳しい募集要項(ウォンテッド情報)が載っている。ほとんどの場合は招待後に面接などの流れとなるので、まずは“話を聞きたい”のアイコンをタップでエントリーしよう(要ログイン)
就活4
興味を持ったウォンテッド情報の“話を聞きたい”をタップして、その後興味の度合いを3段階で選択すればエントリー完了。エントリー後にその企業から連絡(=招待)がくればアプリ上でやりとりを進行させていく。なお、必ずしも招待されるわけではないのでプロフィールにてアピールを積極的に行なっておこう
就活5
“お知らせ”や“メッセージ”はログインしなければ使用できない。前者は企業からの様々な告知、後者は招待された際にメッセージをやりとりする場となる
就活6

“企業の想い”をわかりやすく感じられる

 給料や通勤時間なども就職先を探すにあたっては大事な点です。しかし、この求人アプリではそういう点よりも“なにをする企業”や“こんなことをしたい企業”などの紹介に重点が置かれています。写真なども交えて企業の雰囲気が詳細に綴られており、どんどんと興味をそそられていきます。どんな会社なのかを知ってほしいという、企業側の想いが伝わってきますね。

本当に働きたい職場を見つけたい方へ

 就職難という時代背景はもちろんのこと、そもそも働きたいと思う職場もない、という方も少なくないのでは?職場環境に慣れる個人の努力が大事なのは当然ですが、働きやすい環境を作っておくのも企業の大事な仕事ではないでしょうか。本当にここで働きたいと思える企業がきっとあるはず。Wantedlyで企業の情熱やパワーを感じることが、そう思える企業探しに繋がるはずです。単純な仕事探しだけでなく、注目のスタートアップ企業などを知るきっかけにもなるので興味のある方は是非のぞいてみてください。


Sponsor Link