[アプリレビュー]「タップシーフストーリー」は心温まる物語

 ゲームアプリは好きだけど、ガッツリプレイしている余裕や時間が少ない。そんなあなたにおすすめできるのが「タップシーフストーリー」というアプリです。シーフとは“泥棒”の意味を持つ言葉であり、タップ操作で泥棒の盗みを成功させるゲームになります。本当にタップ操作のみなので、あまりゲームの得意でない方でも大丈夫です。


Sponsor Link

 また、可愛い絵柄と絶妙なSEがゲーム世界の雰囲気を高めてくれています。そして注目の心温まるストーリー。プレイ後にはジーンとすること間違いなしです。最も特徴と言える、クリアまでの時間の短さも手軽にプレイできる要因になっています。

シーフ1

早速ゲームを開始しよう。ストーリーは独り身になってしまった“おっさん”と、その家に夜な夜な盗みに入る“泥棒”との温かい物語。プレイヤーは泥棒になり、タップ操作でお宝のありかまで到達しなければならない
シーフ2

泥棒の頭上に表示される脚のアイコン。これが青の段階でタップするとコケてしまうのでNG。オレンジになったタイミングでタップすると泥棒が1距離歩く。これを繰り返して宝箱のある場所に到達しよう。タップ場所は画面のどこでもOK
シーフ3

コウモリがアイテムを運んでくる。タイミング良くダブルタップで泥棒をジャンプさせよう。上手くいけばジャンプでアイテムをゲットしてくれる
シーフ4

トゲに刺さったりコケたりすると、おっさんの“Z”が一つ消えてしまう。三つ全て消えたらゲームオーバー。なるべくタップミスをしないように歩き、コウモリが持ってくるZ回復アイテムで回復させよう
シーフ5

お宝はなぜかガラクタのようなものが多い。その理由は全てのステージをクリアすると明らかになる
シーフ6
一定ステージクリアでストーリーが進行する。お宝とともに自動で保存されるので、後からトップ画面の“コレクション”より確認が可能
シーフ7

 まずはシーフのアクションが可愛い可愛い。キョロキョロと見回す様子、コケる様、忍び足など可愛いもの好きには堪らないキャラクターとなっています。おっさんのZが減った時のアクションと、ゲームオーバー時のちょっとサスペンスな演出も◎。制限時間がないので、慎重にタップしさえすればそれほど難しいゲームではありません。ものの20分ほどで全ステージクリアできてしまうので、ガッツリプレイしたい人には物足りないですね。

 従って冒頭通り、ちょっと暇潰しにプレイしたい人にはおすすめ。更に癒されたい人にはもっとおすすめです。泥棒とおっさんのジーンとするストーリーは見る価値ありですよ。入手したお宝一つ一つのエピソードもストーリーの一部として読んでみてくださいね。ストーリーはもちろん、ビジュアルもかなり高いレベルで作られています。短編のゲームで終わるのはもったいない、そこまで言える絵柄とアニメーションです。短時間でもちゃんと癒されて温まる、完成度の高いゲームとなっています。


Sponsor Link