[アプリレビュー]「Aviary」の加工メニューで画像を変身

今回紹介するアプリ
Aviary(Android)  iPhone

 今やデジカメを持ち歩かなくとも、スマホが立派にカメラの役割を果たしてくれますね。撮影が楽しいのはもちろんのこと、撮った写真を加工・編集することもスマホならではの醍醐味と言えるでしょう。最近では本格的な加工もスマホで行えるようになっていますね。もちろんアプリを使用するのですが、今回ご紹介する「Aviary」というアプリを使ってどのような編集が行えるかを見てみましょう。


Sponsor Link

アプリ起動。端末内の写真が表示され、左右スワイプで閲覧できる。任意のものを選んで「この写真を編集」をタップするか、“カメラ”から撮影、又は“ギャラリー”から探すことも可能
写真1

このアプリには多くの加工メニューが用意されている。例えば定番のフィルタやフレーム。有料のものもあるが、“オリジナル”は無料で使用が可能(要インストール)。スタンプも同様に無料のオリジナルをインストールしておこう
写真2

“切り抜き”では数種類の切り抜き割合が用意されているほか、○をスワイプし手動で分割の大きさを決めることも可能
写真3

画像の明暗や色合いは“明るさ”、“強弱”、“彩度”、“暖かさ”、“鮮明度”から多様にアレンジが可能。いずれも下にあるスライダーから+、-方向にスワイプで編集しよう
写真4

”スプラッシュ”という機能を使うとスワイプした部分だけ色が付き、個性的な写真を作ることができる(フレームも適用内)
写真5

“ミーム”という機能は上下の定位置にテキストを挿入できるユニークな機能。位置とフォントは指定のもので、使用するとポップな仕上がりになる
写真6

スタンプは、スタンプを囲む枠右下のアイコンではサイズが変更できるほか、360度自在に回転も可能。下画像は無料のオリジナルのスタンプ
写真7

写真の向きもグルグル変えられて楽しい。先に挿入しておいたテキストなども綺麗に反転する
写真8

 いずれの加工メニューも最後に“適用”をタップすることで反映されます。加工順によっては、特にミームを適用したあとにフレームを入れようとすると位置的にどうしても挿入したテキストが隠れてしまいます。フレームとミームを同時に使用する際には先にフレームを適用してからのほうが良いでしょう。

 メニューが豊富で細かいアレンジができ、個性的な写真を作りたい人におすすめのアプリです。逆に加工は苦手という方でも、Aviaryなら簡単に本格的な加工を施すことができるでしょう。簡単な操作だけなのに手の込んだ画像加工ができる、そんなアプリと言えるのがこのAviaryですね。


Sponsor Link