[アプリレビュー]チェインクロニクルはセガ発の本格シナリオRPG

 セガが手がける本格RPGアプリ「チェインクロニクル」。今回お届けするのはこの話題作になります。RPGといっても難易度はさほど高くはありません。ストーリー、バトル、キャラクター合成などシステム的にはどこにでもあるようなゲームアプリと言えますね。それ以外のチェインクロニクルの魅力を軸に、簡単なゲームの仕組みや流れも併せて見ていきましょう。


Sponsor Link

物語は聖王国が黒の軍勢なる謎の敵群に攻め込まれ、混沌とした情勢になっているところからスタートする。プレイヤーは義勇軍の一員として黒の軍勢と戦いながらストーリーを進めていくこととなる
チェンクロ1

戦闘は敵を全滅させれば勝利。自軍の全滅か画面右端のエンドラインに敵が到達すると負けとなる。攻撃したい敵へ自軍キャラをスワイプ(もしくは味方と敵を交互にタップ)させて標的を定める。基本的に同じラインの敵を攻撃するかとは思うが、近接攻撃系は隣接マスへ斜めや上下にも攻撃が可能なのであまり難しく考える必要はないだろう
チェンクロ2

キャラクターはそれぞれ「戦士」・「騎士」・「弓使い」・「魔法使い」・「僧侶」の5つのタイプに分類される。「戦士」と「騎士」は近接攻撃を得意とするファイター、「弓使い」や「魔法使い」は同じラインの敵へ遠距離攻撃が可能。「僧侶」は隣り合う味方の体力を自動で回復する
チェンクロ3

キャラクターによってスキルやアビリティ(特殊能力)が異なる。アビリティは特定のクエストを開放などで取得が可能
チェンクロ4
戦闘中の必殺技(スキル)は“マナ”を消費する。戦闘WAVE毎に行われるルーレットなどでストックされ、使用したいキャラタップ→“必殺”をタップで発動。キャラの個性が反映されたスキルが繰り出される
チェンクロ5

クエストは“メイン”・“フリー”のほか、キャラクター個別のストーリーや期間限定のイベントなどが用意されている。メインが物語を進めるクエスト、フリーやイベントは物語に直接関係ないものの、アイテムを獲得したり新しい仲間出に会える場となるので積極的にクリアしよう
チェンクロ6

それぞれのキャラクターに対応したクエストが存在し、それをクリアすることでそのキャラのアビリティが解放されることがある。クエスト内ではキャラクター個別のストーリーも見ることができる
↓キャラ別クエスト。このクリアにより・・・
チェンクロ7
絆が深まったことで新たなアビリティが覚醒
チェンクロ8

キャラクターはアルカナの合成によって強化が可能。キャラ自体を強化するものからキャラの武器を強化するものなど合成するアルカナによって強化内容も異なる。
チェンクロ9

キャラクターにはそれぞれ“コスト”が決まっており、パーティー編成の際には合計コストが定値を超えてはならない。レア度の高い強いキャラクターほどコストが高く、上限の低いうちは詰め込んで編成することは難しい
チェンクロ10

個性豊かなキャラクターたち

 第一の魅力は美しいビジュアルで描かれたキャラクターの数々。レベルの高い絵師達による個性豊かなキャラクターはいずれも見ていて飽きません。必殺技発動時などボイスが採用されている点も豪華さがグッとアップして◎。主人公はRPG定番の基本的に喋らないキャラクターなので、感情移入もしやすいでしょう。弱くても思い入れのあるキャラクターについつい構ってしまう・・・それほどキャラ一人一人の完成度が高いものとなっています。

癖になるバトルシステム

 決して目新しいものとは言えませんが、キャラクターの動きや職業タイプごとのライン編成、必殺技などどれも絶妙なバランスで、プレイすればするほど病みつきになります。職業ごとに戦闘での役割が大きく異なり、それらを考えながら移動させなくてはなりません。ガンガン攻めるだけの戦闘ではないところも面白いですね。また、必殺技のタイミングも重要。必殺技でフィニッシュしたり、負傷者がいなかったりすると戦闘後にもらえるゴールドが増えるのでその点もふまえておきたいですね。個人的には、敵を倒した後チョコチョコと元のポジションに戻っていくキャラクターに愛着を覚えます。

キャラクター一人一人が大事にされているゲーム

 キャラクターを含め、膨大な種類が存在するアルカナ。これらを合成させることで強化したり、体力などの限界値を高めることができます。レア度の高いキャラクターは最初から強いので使えますが、最初のうちに仲間になった弱いキャラクターってどんどん控えや強化材料にまわされてしまいますよね。しかし、チェンクロの魅力はそんな弱い仲間にも個別のストーリー(クエスト)が用意されているということ。個別のクエストクリアでキャラクターのスキルが解放され強くなるので、弱くても好きなキャラクターを追求すればするほど強化可能というわけです。

 また、パーティー編成メニューなどからキャラクターそれぞれのプロフィールを見ることができます(各キャラの“Info”をタップ)。ここでは通常のビジュアル(タップで全画面に拡大)はもちろん、バトル中の二頭身ポリゴンキャラも360度見られるほか、それをタップでキャラのアクション&ボイスも楽しめます。それぞれのキャラのストーリー背景が紹介されていたり、キャラにまつわるストーリーを読み返すことも可能です。特にお気に入りのキャラクターがいるという方にとっては嬉しい内容となっています。

パーティー編成にオリジナリティややり込み要素を見いだせる

 序盤はキャラクターの少なさでバリエーションがないパーティー編成も、徐々に仲間が増えてくると今度はコストに悩まされることに。主人公は唯一コスト0ということで、あらゆるパーティー編成に対応できますね。編成には単純に強さを基準にしても良いのですが、せっかくなので自分の好みのキャラクターを集めるのも有りでしょう。男性なら一度はやってみたいであろう女性だけのパーティーや、その逆も然り。ガッツリ見た目で気に入ったキャラばかり集めて目の保養に務めるのも良いかも?○○だけのパーティーでやり込みプレイするのも楽しいでしょうね。

まとめ

キャラクターに関する内容がボリューミーで、RPGとしてのやり込み要素も高い

 美しいグラフィックとともにゲームを盛り上げるのはBGM。雰囲気をグッと高めてくれますから是非ONにしてプレイして頂きたいですね。繰り返しになりますが、キャラクターは間違いなく粒ぞろい。180人以上のキャラクターが存在し、その一人一人にストーリーが与えられているとあってかなりのボリュームです。新キャラ欲しさについついガチャを回す手が止まらなくなるかも。
 
 戦闘は戦士や騎士のおかげで乱戦になってしまうこともしばしばあり、せっかくのラインシステムなのに“?”が浮かぶこともあります(苦笑)。弓使いや魔法使いがいてこそ、このシステムが生きるとも言えるでしょうね。とはいえタコ殴り状態でも勝利すれば良いのです。特にボス戦では必殺技をガンガン繰り出して徹底的に打ちのめしましょう。筆者もマナは極力使い切るというポリシーのもと楽しんでおります。
 スキルは戦士だから攻撃系、僧侶だから回復系と決まっているわけではなく、数は少ないですが戦士が回復、僧侶が攻撃系のスキルを持つキャラも存在します。これがあるからこそ偏ったタイプのパーティー編成でもキャラ次第で成立するのでしょうね。見た目、能力、職業タイプ、コスト・・・様々な要素から是非自分だけの最強パーティーを探してみてください。


Sponsor Link