[アプリレビュー]「壁紙ぴったん」壁紙用の画像加工が誰でも簡単に

今回紹介するアプリ
壁紙ぴったん(Android)  iPhone

 愛用しているスマホの壁紙は何ですか?お気に入りの画像や思い出の写真、大好きなキャラクターなど人それぞれの壁紙があるでしょう。しかし、壁紙にしたい画像が必ずしもぴったり壁紙になり得るとは限りませんよね。ある程度加工の必要なものもあり、わからないからいつも同じ壁紙・・・という方もいるかもしれません。そんなあなたに「壁紙ぴったん」という、簡単に画像を加工して壁紙にできるアプリをご紹介します。


Sponsor Link

アプリを起動して“ギャラリーから画像を選択する”をタップか、端末内のアルバムから画像を選択して共有アイコン→壁紙ぴったんを選択しよう
壁紙1
他の端末内アルバムからの場合↓
壁紙2

まずは画像のリサイズを行う。”壁紙の幅”でホーム画面の全ページ幅に、”画面の幅”で一画面分の幅に加工される。”壁紙の高さを使う”にチェックを入れておくと、スマホの上部にあるステータスバーも壁紙の領域に設定できる
壁紙3

画像の回転や配置を設定する。回転は左右90度と180度に回転可能。配置は横縦ともにおおよそ中央を選択することになるだろう
壁紙4

画面いっぱいに設定しない場合は、余白部分の色も自由に設定できる。黒、白、灰のほか、“その他→色を選択”で好きな配色も可能
壁紙5

容量によっては壁紙設定に支障が出ることも。「メモリ不足対策」では色数や画素数を減らすことで、そういったエラーを防ぐ対策がとれる
壁紙6

最後に「壁紙に設定する」で完了。画像は“画面の幅”に合わせて余白を白に設定した壁紙
壁紙7

 「拡張モードで開く」では、画像のトリミングと画像効果(セピアやグレースケールなど)の設定もできるほか、画像の配置のより詳細な設定、余白に他の画像を設定するなど高度な壁紙加工を楽しむことができます。ほかは通常モードと同様の要領で作成しましょう。

 トップ画面の「使用法を表示する」をタップすれば、使用手順を見ることができますよ。更に右上の設定から保存形式や加工モードの設定などが行えます。普通にスマホで撮影した画像であれば、リサイズと回転だけでも簡単に壁紙の設定ができるかと思います。元の画像などによっては設定までに少し時間がかかりますが、待てる時間なので問題ないでしょう。壁紙に設定された画像も綺麗ですし、何より簡単に加工することができました。
 
 “拡張モードで開く”を選択すれば、更に壁紙のレベルをアップさせることができるでしょう。画像の加工に慣れていない人はもちろんのこと、通常の加工よりもひと手間加えたい人にもおすすめのアプリです。壁紙の変更が億劫になっているという方にも是非試していただきたいですね。


Sponsor Link