[アプリレビュー]「CSR Classics」名車でドラッグレース

今回紹介するアプリ
CSR Classics(Android)  iPhone

 今回ご紹介するアプリは車好きにはたまらないゲームです。「CSR Classics」という名のアプリですが、これは「CSR Racing」というアプリの第二弾で、登場する車種がクラシックカーの名車揃いとなっています。マニア心をくすぐる車を取り揃えているだけでなく、グラフィックのレベルが非常に高度なことでも知られるこのアプリ。基本的なゲームの流れやポイントとともに、カッコイイ車の数々もご紹介しましょう。


Sponsor Link

このアプリは通常のレースゲームではなく、ドラッグレースで勝敗を競うものとなっている。ドラッグレースとは、直線のコースを停止状態からスタートしてゴールまでのタイムを競うレースのこと。最初にチュートリアルが始まるので手順に従おう。レース難易度は“Easy”、“Challenging”、“Hard”、“Extreme”の順に高くなる
CSR1

ペダルをタップするとスタートのカウントダウンが開始する。メーター右にある四つのランプのうち、一番上の緑色のランプが点灯するようにエンジンの回転数を調節しよう。カウントゼロ=スタート時に緑色のランプが点灯していればスタートダッシュ成功となる
CSR2

レース中はギアのシフトチェンジをするだけ。同じく緑色のランプが点灯するタイミングで右のギアをタップしよう(左がシフトダウン、右がシフトアップ)。ベストタイミングであれば加速度が上がる
CSR3

レースに勝利すると賞金を獲得できる。スタートやシフトチェンジのタイミングによっては追加の賞金が獲得できる。賞金は車の購入やカスタマイズに使用する
CSR4

最初に一台だけ車を購入することとなる。車好きなら一度は乗りたい名車が揃っており、迷う人もいるだろう。しかし、最初はどの車もボロボロの状態。この状態の車で勝利を重ね、稼いだ賞金で徐々に車を改造しなければならない
CSR5

「UPGRADE」で性能の強化、「CUSTOMIZE」で見た目の改造が行える。レースを勝ち進むには性能の強化なくしては不可能。難易度が上がるにつれて技術のみでは勝てなくなるので、アップグレードを重ねて愛車を鍛えておこう
CSR6

 ある程度お金が貯まれば「CAR DEALER」から新たに車を購入することも可能です。有名メーカーの車がズラリと揃えられています。まず美しいグラフィックに心を打たれる人が多いでしょう。車の質感、光沢などが細かく再現されています。某カーレース映画さながらの雰囲気の中、疾走する名車たち。あの“ニトロ”も用意されており、アップグレードによって装着できます。難易度の高いレースに勝利するには、ニトロを使うタイミングも重要となってきます。

 最初からピッカピカの完璧な車に乗れるわけじゃないというのもこのゲームのミソですね。本当にボロボロですから(苦笑)。それが自分の手で強化され、美しく洗練されていくのは堪らないですね。シフトチェンジのタイミングなども車によって異なるようです。完璧なレースにするためにはまずスタート&ギアのタイミングが絶対条件とも言えますから、何度も走って感覚をつかみましょう。

CSR7
CSR8
 選べる車種も実に豊富。「Audi」、「BMW」、「Chevrolet」、「Dodge」、「Ford」、「Jaguar」、「Lancia」、「Mercedes」、「MINI」、「NISSAN」、「Plymouth」、「PONTIAC」、「SHELBY」。現在はこの13社の車が用意されています。ボディカラーやデカールなどを変更すれば、よりオリジナリティの高い車を作ることができます。走りだけでない車の楽しさも堪能したいあなたにオススメのアプリです。


Sponsor Link