[アプリレビュー]「pocket」記事保存で後からまとめて閲覧が楽しめる

今回紹介するアプリ
Pocket(Android)  iPhone

 通勤通学の合間にニュースアプリを活用する人は多いでしょう。暇つぶしとしても重宝するアプリですが、一つ難点が。それは通信を介して情報を得るため、地下鉄など電波状況の悪い場所では使うことができないという点です。そこで今回はそんな難点をカバーしてくれる便利なアプリ「pocket」をご紹介したいと思います。


Sponsor Link

 このアプリは読みたい記事や見たい情報をあらかじめ“記憶”させておくことで、通信不要に閲覧することができます。これなら電波状況に左右されずに時間を潰すことが可能です。アプリ起動後に登録を済ませ、早速便利な機能を使ってみましょう。

ポケット1

ウェブやニュースアプリなどの気になる情報を記録しておけるこのアプリ。下はウェブサイトを開いている画面。スマホのメニューアイコンからページ共有メニューを選択し、「+Pocket」を選択するだけでOK
ポケット2
ポケット3

アプリに戻ると先ほど共有したページが保存されている。これを閲覧するのに通信は不要なので、どこでも見ることが可能
ポケット4

右上のメニューアイコンから「設定」へ。下へスクロールしていくと”ベストビューをダウンロード”にチェックが入っているはず。これは記事を保存する際、アプリが自動でその保存方法を判断するというもの。この設定を変えたいときはチェックを外し、その下の”常に記事を読み出す”又は”常にウェブビューを読み出す”のいずれかを選択しておこう。前者は記事と画像のみ読み込む簡易的な表示方法、後者がそのページを丸ごと保存する方法である。時間のないときや通信時間を省きたいときは前者、隅々までチェックしたいページは後者が向いているだろう
ポケット5

トップ画面で左から右にスワイプでメニュー呼び出し。記事はお気に入りへの保存のほか、タグをつけることも可能。記事を長押し→タグアイコン→タグ選択又は“新規”で新たなタグを追加できる。タグ付けされた記事は以下のように表示が現れる
ポケット6
ポケット7

 所謂“後で読む”系のアプリの代表的な一つですね。さすが人気アプリなだけに、操作性や利便性に長けています。共有ページからサクサク記録でき、閲覧も同様にスピーディー。パソコンからではソフトウェアはありませんが、スマホで登録したアカウントからウェブサイトとして閲覧が可能です。スマホに登録したのと同じ記事を見ることができますよ。
ポケット8

 ページの表示方法を切り替えても特に変化がないのは私だけでしょうか。ダウンロード時間だけがやや異なり、なぜかスムーズになるはずの“常に記事を読み出す”の方が閲覧に時間がかかったりします。表示は変わらないのに(泣)。アプリやウェブサイトから複数のページで試してみましたが、やはり変化なしでした。

 基本的には本当にサクサク保存ができ、閲覧もスムーズにできて便利なアプリです。保存しすぎて記事が大量になった際には、“Highlights”からベストな記事を呼び出してくれるのも楽しい機能ですね。記事を読むより、記事を集める方に集中してしまいそうになるのも魅力の一つ、かも?


Sponsor Link