[アプリレビュー]人気アニメ「紙兎ロペ」がパズルアプリになって登場

今回紹介するアプリ
紙兎ロぺパズル(Android)  iPhone

 今や子供から若い世代を中心に大きな人気を集めている「紙兎ロペ」。元々はTOHOシネマズの劇場作品の広告の間に上映されていたアニメであり、そこから火がついて現在では全国地上波放送でもロペが楽しめるようになりました。独特のゆるい世界観、キャラクターとその言動が病みつきになるこのアニメ。そんなロペの世界を楽しめるアプリが「紙兎ロペパズル」です。ロペを始めアキラ先輩などお馴染みのキャラクターがパズルゲームを盛り上げてくれる、ファン必見のアプリをご紹介します。


Sponsor Link

アプリ起動後、アカウントを取得してトップ画面へ。このアプリは紙兎ロペのキャラクターとともに“数字パズル”、“ジグソーパズル”、“イラロジ”の三つのパズルゲームを楽しむことができる
ロペ1
それぞれのゲームは以下のとおり
数字パズル
ロペ2
ジグソーパズル
ロペ3
イラロジ
ロペ4

パズルはパックごとに用意されている。最初はいずれも“入門!!とりあえずパック”を全てクリアしなければ新しいパックをダウンロードすることができない
ロペ5

パック内においても選択可能なパズルが決まっていて、それ以外にはロックがかかっている。それぞれのパズルをプレイし、一定の得点を獲得すればそれに応じてロックが解除される
ロペ6

プレイ中はサウンドをありにしておくと、効果音やキャラクターのセリフを聞くことができる。ロペたちがいい意味でいちいち喋ってくれるので、こちらも自然とクスッときてしまう。画面端に注目してみると、吹き出しやキャラの動きも変化するぞ
ロペ7

 正にあの紙兎ロペの世界観ですね。「マジっすか~」「さすがっすね!」などの定番セリフはもちろん、「むじぃなぁ~」や「これラスイチっすね」など、パズルゲームっぽい(?)セリフも用意されています。というか、本当にいちいち喋りすぎ(笑)。パズルに集中どころじゃなくなります。けれど、この喋りの豊富さはファンにとってはたまらないでしょうね。一つ気になったのがアプリ終了時、戻るボタンで終われないんですが・・・。ホームボタンで一旦ホームに移り、タスク履歴の全アプリ終了などから終わらせています。

 入門パックだけでも意外と数があるのに驚き。キャラクターものと思いきや、結構ガッツリとプレイすることができますよ。ロペの世界を堪能するためにもサウンドは必ずONにしておいていただきたいもの。ゆる~い笑いの世界を楽しめることと引き換えに、パズルへの集中力は奪われていくこと必至ですが・・・(笑)。


Sponsor Link