[アプリレビュー]「レシーピ!」多機能家計簿アプリ

 スマホアプリの中には数多くの家計簿アプリが存在しています。それぞれ愛用中のアプリもあるかと思いますが、今回は「レシーピ!」という名の家計簿アプリをご紹介します。名前はそれっぽくありませんが、れっきとした家計簿アプリ。ただの家計簿機能だけでなく、貯金が苦手な方やメニューを考えるのが面倒くさいという人にもうってつけのアプリとなっています。


Sponsor Link

レシーピ1

アプリ開始後、ユーザー情報の登録やアプリ内で登場するキャラクターなどを設定する
レシーピ2

メイン画面。最初は「毎月の予算設定」をしておくことを進められるので、右下の「設定」→「毎月の予算設定」から予算を入力しておこう
レシーピ3

このアプリはレシートの読み取りを行ってくれる。その精度はいかほどのものかを試してみよう。レシート撮影はメイン画面の「レシート撮影」から行う。下画像の要領でレシートを撮影してみよう
レシーピ4

撮影後は結果が表示される。「決定」で収支内容へ登録
レシーピ5
買い物の内容を読み取り、その内容からメニューの提案を行ってくれる
レシーピ6
メイン画面にもどると、収支内容が変化しているのがわかる
レシーピ7

 今回使用したのは少し長めのレシートでしたが、二回目で綺麗に撮影できました。短いレシートですと一発で読み取る確率もグンと上がり、内容もかなり正確です。内容にもよるとは思いますが、長いものだと高い確率で文字化けしてしまうようですね(手動で修正可能)。きちんと撮影できていれば金額だけはとても正確に登録されます。文字化け箇所だけは自力で直す必要がありそう。撮影のコツでも紹介されていますが、日付から合計金額まではしっかり画面内に収めること。レシートはまっすぐの状態にし、明るく平らなところに置いて撮影しましょう。

 レシートの内容も理解し、買ったもので作れるレシピを提案してくれるのには驚きました。しかも写真付き。毎日のメニューを考えるのって結構大変ですからね。それから「貯金バコ」機能。収支で浮いた分が自動的に貯金バコに溜まっていくシステムですので、自ら貯金しなくとも節約して余れば貯まることになります。敢えて貯金するのが苦手な方も、余ったお金を貯めていくシステムであればやりやすいですね。
レシーピ8

 そしてわかりやすさ。メイン画面から一発で今月の収支を確認できるところが◎。費目別は「グラフ集計」の「費目ごとの内訳グラフ」から確認できます。ざっくり収支をつけたい人にも良いですし、しっかりと細かく記録したい人にもおすすめです。キャラクターや背景はあとから変更できますので、飽きが来ないのもよいですね。計算とかグラフとか、とにかく数字をつけるのは苦手!という人でも、非常に簡単に使用できると感じました。未だしっくりくる家計簿アプリがない方は、是非試してほしいと思います。


Sponsor Link