[アプリレビュー]「Sleep as Android」で睡眠解析を

 “質の良い睡眠”は健康を維持する上で非常に重要です。子供にとっては成長を促す重大要素であり、大人にとっても美容やストレス発散などに大きく関連しています。しかしながら、昨今は質の良い睡眠がとりにくい環境にあるようです。


Sponsor Link

深夜まで明るい場所が多い、ゲームなどで遅くまで遊ぶ、寝具が合っていないなど。あなたの快適な眠りをサポートするのに適したアプリが「Sleep as Android」です。今回はこの無料版を使用して、どのような機能があるのかをご紹介します。

今回紹介するアプリ
Sleep as Android

アプリ起動。まずはアラームをセットしよう。最初に登録されているものをタップして編集しても良いし、上部にある+アイコンで新規登録しても良い
スリープ1

時刻やアラーム音、曜日などを設定し「保存」をタップ
スリープ2

トップ画面の上部にあるスパナアイコンで設定へ。ここでは睡眠にまつわる詳細な設定を行うことができる
スリープ3

「就寝時間通知設定」を設定しておくと、就寝する時間になったらアラームやライトなどで通知してくれる
スリープ4

「スマートウェイクアップ」では、当アプリの機能スマートウェイクアップにまつわる設定が可能。これは起床アラームを設定した時刻の2時間前以内でアラームを動作させる機能。スマートウェイクアップアラームは設定時間の範囲内で睡眠の浅い時間を狙って作動する
スリープ5

「起床確認モード」では、アラームを停止する前にしっかりと目が覚めているかの確認を行う設定が可能。計算やミニゲームなどから選択でき、難易度も変更できる
スリープ6

「睡眠の解析」では解析モードの設定が行える
スリープ7

「ノイズ録音の設定」では、いびきなど就寝中のノイズを録音する際の設定が可能
スリープ8

ほかにも「子守唄」で就寝時のBGMを設定したり、「うたた寝機能」でうたた寝をサポートする設定も行える
スリープ9
スリープ10

トップ画面に戻る。「履歴」で解析データの確認、「ステータス」で記録した睡眠ステータス、「ノイズ」で録音されたノイズを確認できる
履歴
スリープ11
各履歴をタップで詳細なグラフが表示される
スリープ12
ステータス
スリープ13
ノイズ
スリープ14

「睡眠の解析」をタップでトラッキング開始。就寝時はスマホを体のそばに置いておこう。これで寝ている間に睡眠データが収集される
スリープ15

 無料版は試用期間が14日となっており、有料版ではロックされている機能が使用可能になります。自分の睡眠グラフを見てみるのって、結構面白いですね。理想のグラフは大きな波が交互にあるグラフだそうです。大きく波立っている時が浅い眠りの状態なので、私の場合は深い眠りの状態が多すぎるのかな?ノイズにはいびきらしき音は録音されていなくてホッとしました(笑)。スマートウェイクアップは浅い眠りのタイミングで起床を促してくれるため、目覚めが良くなりやすいのだそう。最近質の良い睡眠が取れていない人は、是非このアプリを活用してみてください。


Sponsor Link