赤ら顔の種類

男女を問わず悩みの種となる症状「赤ら顔」。

皮膚に赤みが強く出てしまうもので、ほてりやかゆみを伴う場合もあります。

赤ら顔の主な原因としては、毛細血管の拡張、にきび跡などの色素沈着、アトピーやかぶれなどがあげられます。

毛細血管が拡張することで血液の流れが盛んになり、それが皮膚に透けて赤く見えてしまうのです。

にきび跡の赤みは炎症性色素沈着という、肌へのダメージによって色素沈着が起こる症状。

アトピーや化粧品などでかぶれを起こすことも刺激となり、赤ら顔につながってしまいます。

そのほかにもステロイド外用の副作用や自律神経の乱れなどが関与するケースが。

元々の皮膚の薄さや肌質などで赤みの出やすさが違ってくることも考えられるでしょう。

このように赤ら顔には様々な原因があるため、種類ごとに適切な対応をする必要があります。

まとめ
赤ら顔は毛細血管拡張やにきび跡、アトピーなど様々な原因があるため、種類ごとに適切なケアをして改善を目指しましょう。

出典 赤ら顔 | 美容皮膚科・スキンケアなら美容外科、美容整形の城本クリニック
赤ら顔 | 男たちの美容外科【福岡・広島・南青山・札幌】
酒さ(赤ら顔、ほてり)は皮膚科で治療することができます。

タイトルとURLをコピーしました