脂漏性角化症とは

高齢者に多いと言われるシミが「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」です。

少しだけ盛り上がっており、全身様々なところにできる良性腫瘍の1つと言われています。

発生すると時間経過とともに大きくなり、数も増加。

色は淡褐色や黒いものが多く、平坦だったシミを放置しておくとそれが脂漏性角化症になることもあるそうです。

主な原因は長期的に浴びた紫外線の影響が加齢によって現れたもの。

ただし年齢が進むと、日焼けしにくい腹部や脇の下などにも発生しやすくなります。

紫外線が当たる部位は徹底してUVケアを行うこと大事ですが、それ以外の部位は加齢によるものと考えられるため医療機関での治療を行うほかないでしょう。

治療方法にはレーザーや光治療、電気メスでの切除などがあります。

まとめ
脂漏性角化症とは紫外線と加齢が主な原因の盛り上がったシミで、日焼けしにくい部位にもできるため治療は医療機関で相談しましょう。

出典 脂漏性角化症 (しろうせいかくかしょう)|新宿 高田馬場の皮膚科・美容皮膚科「山手皮フ科クリニック」
脂漏性角化症、老人性疣贅|医療法人恵生会 長瀬内科医院

タイトルとURLをコピーしました