肝斑とは

シミの一種「肝斑(かんぱん)」のことをご存知ですか?

肝斑は頬の上あたりに左右対称で出現することが一般的と言われています。

茶色く大きめのシミで、普通の皮膚色との境目がぼやけていることも特徴です。

肝斑の発生は通常のシミと同様に紫外線が影響するほか、女性ホルモンの作用が関わっていると考えられています。

妊娠などをキッカケにできること、閉経後には自然と消えることなども、女性ホルモンの働きが関係しているためかもしれません。

肝斑に効果が認められた成分はトラネキサム酸で、市販薬でも入手できます。

紫外線ケアやこすらないなど、基本的なシミ対策も行うこと。

病院で見てもらうのもおすすめですが、レーザーで悪化するという通説があるため治療方法はよく相談してから行いましょう。

まとめ
肝斑は女性ホルモンの関わりが大きいとされる左右対称のシミの一種で、改善にはトラネキサム酸の服用や医療機関での相談がおすすめです。

出典 「肝斑(かんぱん)」とは|トランシーノII[第一三共ヘルスケア]
肝斑(かんぱん)特集 | 京都四条 あいこ皮フ科クリニック 皮膚科・美容皮膚科(肝斑(かんぱん)専門)

タイトルとURLをコピーしました