メラニンの増殖を予防するには

免疫機能である一方、増えすぎるとシミを作ってしまうメラニン。

メラニンの増殖を防ぐためには、紫外線対策を行うのが基本です。

紫外線を浴びた刺激でメラニンを生み出すメラノサイトが活性化されるので、それをおさえるための最も重要なケアとなります。

生成されたメラニンの排出を促すケアも、シミの蓄積予防に効果的。

ターンオーバーを乱すNGケアはやめ、あなたの肌に合った正しいケアを継続して肌代謝を正常に保ちましょう。

ストレスやタバコは体内の活性酸素を増加させ、これがメラニサイトに働きかけてシミの元になる恐れが。

ゴシゴシこするなど物理的な刺激もメラニン増殖のリスクを加速させるため、スキンケアの際に注意するほか肌に触れる癖にも注意しましょう。

基本的なメラニン予防でそれ以上の増加を防ぎ、排出を促すことが重要です。

まとめ
紫外線ケアや、禁煙やストレス除去などでメラニンの増加を防ぎ、ターンオーバーを正常に保ちメラニンの排出を促進しましょう。

出典 シミの症状・原因|くすりと健康の情報局
シミの原因と種類・対策|DHC薬用Qシリーズ

タイトルとURLをコピーしました