メラニンによるシミ発生のメカニズム

シミの元になるメラニンは、どのようなメカニズムで肌に沈着するのでしょう。

紫外線などの刺激を受けると、体は肌を守ろうと働きます。

それにより作動するのがメラノサイト。

肌を守れという指令を受けたメラノサイトはメラニン色素を生み出し、肌細胞を保護するためケラチノサイトに取り込まれるのです。

メラニンを生み出す原動力になっているのがチロシナーゼという酵素。

チロシナーゼはチロシンという物質を黒褐色のメラニンに変化させる働きがあり、シミが増える理由の一部とされています。

メラノサイトやチロシナーゼの働きでメラニン合成が促され、肌細胞に取り込まれて徐々に上へ押し上げられます。

メラニンの量が多いほど排出にも時間がかかり、セルフ美白ではなかなか薄くならないシミの元になる恐れもあるでしょう。

まとめ
外的刺激により体の免疫システムが働くとメラノサイトやチロシナーゼがメラニンを増やし、ケラチノサイトに取り込まれて日焼けやシミが起こります。

出典 シミの症状・原因|くすりと健康の情報局
メラニン色素の役割と生成メカニズムとは-ドクターシーラボ公式通販
シミ・そばかすの原因や予防【専門家監修】|くすりの健康日本堂

タイトルとURLをコピーしました