メラニンとは

美白ケアを行う上では「メラニン」の存在を深く知っておく必要があります。

メラニンはメラノサイトという細胞から生まれる黒褐色の色素です。

シミや日焼けは、肌細胞であるケラチノサイトにメラニンが取り込まれることで、肌の変色が起きる現象。

メラニンが作られる理由は、紫外線などの刺激から肌を守るためです。

体の免疫システムの1つと言える存在なのですが、それが増えすぎたり排出が遅れるとシミやくすみというトラブルの元になります。

メラニンを含んだ肌を生まれ変わらせるには、ターンオーバーが正常であることが不可欠。

ターンオーバーにより肌細胞が上に押し上げられ、メラニンも一緒にアカとして剥がれ落ちていくのです。

本来は肌を守るために働くメラニンですが、必要以上に増やさないことと排出を促すことが美白のキーポイントとなるでしょう。

まとめ
メラニンとは肌を守るためにメラノサイトで作られる黒褐色の物質であり、増えすぎやターンオーバーの乱れによって厄介なシミやくすみになる恐れがあります。

出典 シミの症状・原因|くすりと健康の情報局
シミ・そばかすの原因や予防【専門家監修】|くすりの健康日本堂

タイトルとURLをコピーしました