日焼けしやすい季節とは

紫外線によって起こる日焼け、季節ごとにどんな違いがあるのでしょうか。

一般的には夏場に最も紫外線量が増えると考えられており、日焼けなどの紫外線トラブルが増加します。

夏に増えるのは“UV−B”で、日焼けの原因になる紫外線です。

UV−Bはほとんどがオゾン層に吸収されるのですが、夏から秋にかけてはオゾン層の量が減少すると言われています。

夏場にUV−Bが増加するのは、オゾン層の変化にも理由があるのですね。

地上に降り注ぐもう1つの紫外線“UV−A”も夏場に増える傾向にありますが、UV−Bほど季節による減少がない紫外線。

紫外線のリスクが低いと思われている春や冬にも一定量が降り注いでいるので、油断は禁物です。

UV−AはUV−Bよりも毒性が低いのですが、照射量の多さや浸透性の高さから肌の光老化の最大要因と考えられています。

一年を通じて紫外線対策が必要なのは、UV−Aによる肌の老化リスクがあるためなのです。

まとめ
夏場はUV−A、UV−Bともに増加しやすく日焼けに最も注意すべき季節ですが、UV−Aは季節による量の変化が少ないため一年を通して対策しなくてはなりません。

出典 気象庁|紫外線に関する質問
年間の紫外線量|日本ロレアル株式会社

タイトルとURLをコピーしました