目の下のクマの種類

あなたの顔を暗く見せる目の下のクマ、その種類と原因を知りましょう。

個人差はありますが、目の下のクマはその色によって種類が分けられます。

紫がかった青っぽいクマは、血行不良が原因かもしれません。

目の周囲は皮膚が薄く、血管や筋肉が透けやすいパーツ。

血液の流れが悪くなるとそれが透けて、血色の悪さがクマとなるのです。

 

茶色っぽいクマの場合、メラニンが蓄積した色素沈着の可能性があります。

シミと同様に紫外線や物理的な刺激でメラニンが増え、目の下の皮膚色が変化してしまうのです。

皮膚下の透けや色の変化でもない場合は、加齢などでできたシワやたるみの影がクマに見えているケースも。

黒いクマの場合には目の周辺のたるみが影になっていることが考えられるので、エイジングケアも視野に入れましょう。

まとめ
目の下のクマは色別に血行不良、色素沈着、たるみなどの影が原因になっていると考えられるので、それぞれに適したケアで改善を目指しましょう。

出典 目元のクマのケア
目の下のクマ・シワを肌細胞治療で改善 | 医療法人 再生未来
目の下のくま(クマ)の原因・種類と解消のエイジングケア | エイジングケアアカデミー

タイトルとURLをコピーしました