美白にNGな食事

シミやくすみのリスクを高めるNGな食事とはどんなものでしょうか。

肌に良くない食事の代表的なものが、バランスの悪いメニューです。

脂っこいものに偏る、逆にヘルシーすぎる、栄養が満遍なく摂れていないなどの食事がその例ですね。

脂肪分の多い食事ばかりだと皮脂過剰になりやすく、野菜だけなど極端にカロリーを抑えると肌の材料となるタンパク質が不足します。

健康な肌に必要な栄養は1つではないので、基本な様々な栄養をバランス良く摂取しなくてはなりません。

スナック菓子などに多い酸化した油分や、血糖値を上げやすい高GI食品にも要注意。

これらは体内の酸化や糖化の危険性を上昇させ、美白を阻害するトラブルの引き金になるでしょう。

過剰な飲酒も内臓に負担をかけやすく、老廃物の排出を停滞させます。

五大栄養素のバランスを基準とし、抗酸化成分や食物繊維なども補給して美白肌に役立ててください。

まとめ
美白に悪影響な食事とは、栄養に偏りのあるメニューや酸化、糖化を招きやすい食べ物の取りすぎ、過剰な飲酒などで、これらを控えてバランスの良い食生活を意識しましょう。

出典 3月 食事から始める肌荒れ・ニキビ対策! | お役立ち情報 | 全国健康保険協会

タイトルとURLをコピーしました