美容医療やエステで美白

本格的な美白ケアのため、医療機関やエステを検討したことはありませんか?

治療やケアの例としては、メラニンを壊すレーザー、ビタミンCのイオン導入、UV対策や角質ケアに特化したフェイシャルメニューなどがあげられます。

より効果を求めるなら、医療機関での美白ケアがおすすめ。

エステで使用が許可されている機器よりも、医療機関で使える機器の方が出力が強く効果が高いと言われています。

医療機関ということは医療行為が行えるため薬の処方もでき、万が一副作用が起きた時なども対応がスムーズに行われるでしょう。

エステは癒しの要素が大きいため、美白だけでなくリラクゼーションも楽しみたい人向き。

いずれを選んでもきちんと美白効果を得たいなら、1度受ければ良いものではなく継続的に通うのを前提と考えておく必要があります。

実際にケアを受ける前には担当医やエステティシャンとしっかりと打ち合わせをし、疑問や不安点を残さないようにしておきましょう。

まとめ
医療の観点から美白を行う医療機関、癒しの要素が大きいエステはいずれも継続して通うことが前提ですが、より効果を得たいなら医療機関をおすすめします。

出典 ウルトラ美白レーザー|美容整形・美容外科の湘南美容クリニック
美白フェイシャルエステと通常フェイシャルエステの施術の違い – 7ビューティー(旧7エステ)

タイトルとURLをコピーしました