ストレスと美白の関係

精神的なイライラや不安が、あなたの美白を損ねる危険性があります。

ストレスを過剰に感じると、体内では活性酸素が増加。

活性酸素はメラニンを生み出すメラノサイトを刺激してしまい、シミやくすみのリスクを高めるのです。

血流が悪くなる、肌の免疫機能を下げるなどのトラブルも、ストレスが原因となるケースがあります。

これらはターンオーバーの正常なサイクルを乱し、様々な肌荒れの引き金に。

ストレスと全く無縁の生活を送ることは不可能なので、定期的に息抜きの時間を作ることが大切です。

適度に体を動かす、しっかり眠るといったこともストレス解消に繋がりますよ。

好きなアロマを楽しんだり、お風呂に入ってリラックするなども簡単にできるストレス解消法です。

美白を維持するためには表面的な肌のお手入れだけでなく、心のケアにも意識を向けましょう。

まとめ
過剰なストレスはメラニンを増やしたり、血流悪化や肌免疫の低下を招く恐れがあるため、適度に発散して心身ともに美白を目指しましょう。

出典 ストレスが肌にでるってほんと? | 資生堂ビノラボ | 資生堂グループ企業情報サイト
最新医学研究で判明 ストレスが肌状態を左右する|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE
疲れ・ストレスがシミになる原因と予防ケアの方法 | 専門機関取扱いのエンビロンをご体験いただける公式通販サイトLive Active® STORE(リブアクティブストア)

タイトルとURLをコピーしました