タバコは美白に悪影響?

「タバコ」はあなたの想像以上に美白に悪影響となる恐れがあります。

ビタミンCはメラニンの働きを抑える美白成分ですが、喫煙すると体内のビタミンCが失われます。

肌のハリを保つコラーゲンの生成にもビタミンCが関わっているため、それが不足すればたるみやシワができやすくなるのです。

血液の流れも悪くなり、血色が悪くくすんだ肌になりがち。

肌の栄養も血液によって運ばれるので、その流れが悪ければ効率的な栄養補給ができません。

これらの影響でシミやくすみ、シワの増えた喫煙者の顔は“スモーカーズフェイス”と呼ばれ、年齢以上の老け顔になることで知られています。

美白にはもちろん、美肌やアンチエイジングの観点からもマイナス要素が大きいことがわかりますね。

健康のことを考えても、過度な喫煙はおすすめできません。

一定の条件下であれば、医療機関での禁煙治療に健康保険が適用されますよ。

まとめ
喫煙はビタミンCの破壊や血流阻害を起こし、シミやくすみ、シワの原因となるため、美白や健康の観点からも控えた方が良いでしょう。

出典 軽く考えていませんか?「タバコの健康被害」|すこやかネット|NIPRO-ニプロ株式会社- 「その技術は、人のために。」 
タバコの美容への影響は? – すぐ禁煙.jp(ファイザー)

タイトルとURLをコピーしました