睡眠と美白の関係

美白と「睡眠」は密接に関係すると言われています。

眠っている間には成長ホルモンが多く分泌され、これが肌の再生を活発にするのです。

睡眠中は新しい肌への生まれ変わりである“ターンオーバー”が促進。

古い肌とともに、シミやくすみを作るメラニンが排出されます。

 

寝不足が続くと肌荒れが増えたり、なんとなく肌の調子が悪いと感じたことはありませんか?

それは睡眠の質が低下したことで肌の再生力もダウンし、トラブルとなってあらわれているのかもしれません。

適切な睡眠時間には個人差や季節差がありますが、目覚めがスッキリしている、昼間に眠気を感じないといったことが目安に。

長く眠れば良いというものでもなく、しっかりと熟睡できているかがポイントになります。

睡眠時間以外にも、快適に眠れる寝室作り、寝具などにもこだわってみましょう。

まとめ
睡眠中は肌の再生力が活発になり、メラニンの排出が促されるなど美白にとって重要な働きがあるため、自分に合った睡眠時間と眠りの質を確保しましょう。

出典 寝ている間につくられる?肌と睡眠について | 資生堂ビノラボ | 資生堂グループ企業情報サイト
理想的な睡眠時間とは | 睡眠健康大学

タイトルとURLをコピーしました