日本酒の成分は美白に効果的なのか

和のアルコールである「日本酒」の成分には、美白に嬉しい効果があります。

日本酒にはメラニンを生み出すチロシナーゼの働きを阻害する美白成分“アルブチン”が豊富です。

アルブチンは美白成分として国に認可されており、化粧品にも配合される美白成分の1つ。

さらにお酒を作る過程で使用される米麹には、デフェリフェリクリシンというメラニン抑制効果を持つ成分があることも明らかになっています。

日本酒にはお肌の栄養となるアミノ酸が多く含まれており、そのバランスも良好。

日本酒のアミノ酸は角質層にある保湿成分の元となり、お肌に潤いを与え乾燥やくすみを防いでくれるでしょう。

米麹や米ぬかを使ったコスメなど、醸造技術をヒントに開発された化粧品があるのも肌に良いと言われる理由かもしれませんね。

飲む以外にも直接お酒を塗布する方法などがあるようですが、まずはスキンケア用に作られたアイテムから試すのが安心でしょう。

まとめ
日本酒や米麹、酒粕などに含まれる成分のメラニン抑制や保湿効果などは美白・美肌に役立ち、それらの成分を活用したコスメなどもおすすめとなります。

出典 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1988/94/4/94_4_274/_pdf
米麹に含まれるデフェリフェリクリシン、ビタミンCやEよりも優れる美白作用 | 美と健康の研究 | 月桂冠総合研究所 | 月桂冠
日本酒をそのまま化粧水にする驚きのスキンケア法-日本酒は圧倒的にアミノ酸が豊富!:日経ウーマンオンライン【日経グッデイ・最新カラダのはなし】

タイトルとURLをコピーしました