女性ホルモンと美白の関係

真の美白を目指すなら、女性ホルモンと肌との関係を知る必要があります。

肌に影響を与える代表的な女性ホルモンの2つが「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。

エストロゲンは女性らしい体作りに欠かせないと言われるホルモン。

肌の調子を整え、美白にも良い影響をもたらします。

反対に、プロゲステロンは肌荒れやPMSの原因とされるホルモンです。

プロゲステロンはメラニンを発生させる刺激物質にもなるため、シミや黒ずみのリスクにも関わってくるでしょう。

これらの女性ホルモンは月経周期に合わせて分泌量が変動し、排卵前にはエストロゲンが増えやすく、排卵後から月経開始にかけてはプロゲステロンが多くなります。

妊娠や出産、加齢などもホルモンバランスを乱す要素。

妊娠したり年齢を重ねるとシミや黒ずみができてしまうのは、女性ホルモンの働きが関係しているケースがあります。

女性ホルモンと上手に付き合うことが、美白肌への近道となるのです。

まとめ
女性ホルモンの中でも肌の調子を良くするエストロゲン、肌荒れの元になるプロゲステロンのバランスは美白にとって重要で、これらは月経や妊娠、加齢などの影響で変動します。

出典 シミはなぜできるのか?|シミ・肝斑治療外来 ウォブクリニック中目黒
美肌の鍵は女性ホルモンにあり!|美白について|美白・シミナビ
月経前に肌が敏感肌になる!女性特有の肌荒れの原因と対策 | 「ときどき敏感肌」研究所 | d プログラム(d program) | 資生堂

タイトルとURLをコピーしました