『女性ホルモン』と美白対策

『女性ホルモン』と美白対策 女性ホルモン

肌に影響を与える「女性ホルモン」は、美白を維持する上でもポイントとなる物質です。

女性ホルモンの分泌量は月経周期に合わせて変動します。

そのほか妊娠や出産、更年期や閉経なども分泌量に関係し、肌に変化をもたらす場合が。

妊娠してシミが増えた、濃くなったという声があったり、女性ホルモンの働きが関与すると言われる“肝斑”の出現も肌への影響の一部。

個人差もあるため万人に共通するものではありませんが、肌以外にも体調不良などの症状があるため注意が必要です。

美白はもちろん、全身の健康のためにも女性ホルモンの働きについて理解を深めておきましょう。

女性ホルモンと上手に付き合えば、美容に大きなプラスの作用を得られることも。

もともと女性ホルモンの中には肌を綺麗にすると言われる物質があるので、そのバランスを整えることが重要なのです。

ホルモンバランスを良好にキープする具体的な方法を知り、日々の生活に取り入れてください。

女性ホルモン

女性ホルモンのバランスを整えるには

白く美しい肌を維持するために、女性ホルモンのバランスを整えましょう。 女性ホルモンのバランスは過剰なストレス、不規則な生活習慣によって乱れやすくなります。 ...
女性ホルモン

女性ホルモンと美白の関係

真の美白を目指すなら、女性ホルモンと肌との関係を知る必要があります。 肌に影響を与える代表的な女性ホルモンの2つが「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。 ...
女性ホルモン

妊娠・出産でシミが増える?

妊娠や出産後の生活がシミに影響を与えるって知っていますか? 女性は妊娠するとホルモンバランスに大きな変動があり、特にプロゲステロンの作用によってシミができやすくなると言われて...
スポンサーリンク