トラネキサム酸の美白効果

シミを防ぐ美白成分の1つが「トラネキサム酸」です。

シミの元になる色素といえばメラニンですが、これはメラノサイトにメラニンを作る情報が伝達されて生成されます。

トラネキサム酸はメラノサイトへの情報伝達を阻害する作用があり、シミの発生や増加を抑える効果が期待できるのです。

さらにメラニンを合成するチロシナーゼの活性を低下させる作用も。

肌荒れにも良いと言われますが、これは炎症を抑制する働きがあるためです。

トラネキサム酸を配合した内服薬は、肝斑の治療に使われることでも有名。

体の内外から効果を発揮するということで、美白効果の優秀な成分であると言えるでしょう。

まとめ
トラネキサム酸はメラノサイトやチロシナーゼに働きかけてシミやそばかすを予防する効果がある美白成分で、肝斑治療の内服薬にも使用されます。

出典 トラネキサム酸とは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン
トラネキサム酸ってどんな成分?@肝斑のギモンQ&A|かんぱんINFORMATION
美白有効成分トラネキサム酸|トランシーノ薬用スキンケアシリーズ[第一三共ヘルスケア]

タイトルとURLをコピーしました